わからなさと愛 アラブ人、アメリカンジョーク、病気の犬


 池内恵さん1が日本のアラブ・イスラーム研究の「イスラーム贔屓」を批判して「日本人が有難がるイスラームの不思議なところは、大抵当事者にとってはどうでもいいことで、現地の人々が大切にしているものは、日本人にはさっぱりわからなかったりするものだ」ということを仰っています。池内さんは時に反イスラーム主義者として批判されることもあるようですが、わたしの読む限りでは率直で素朴な意見を述べているに過ぎないように見えます。何でも研究していれば愛着が沸くもので、現在アラビア語修行中の身としては「アラブに強い愛着を持たなければこんな言語を到底マスターできない」とも感じます(笑)。ですから、逆に言えば、おそらくは大変な勉強の末現在の学識に至った池内さんが、愛着バイアスを能うる限り振り切ってハタから見たようなことを口にされるのは、強さの証なのではないか、とも思います2
 実際、「アラブ的なるもの」に多少なりとも接していると3、時に「サッパリわからない!」ということに出会います。そのわからなさが、もう取り付く島もなく最初からわからない、というのならまだ良いのですが、「こう来て、こうなって、その挙句こうか!」というように、途中までは連続的・物語的に了解できるのに、ある一点にバサッと切られるような飛躍があると、呆然とさせられます。
 これが「宗教の気持ち悪さ、家族の気持ち悪さ、ザラザラしたものの発見」で言いたかった「ザラザラ感」なのですが、こうしたものは当然アラブに限ったことではなく、例えばアメリカンジョークなどにも言えるでしょう。
 一般にお笑いというのは文化的固有性の最も高い領域だと思いますが、アメリカンジョークの中には笑えるものもある一方、文字通りの意味が取れ、かつ「どうやらこの辺がツボらしい」というところまではわかるのに、どうしてそんなにゲラゲラ反応できるのかサッパリ理解できない、ということがあります。ポイントは「途中までついていけるのに、急に切られる」感じです。
 これは病気の犬に似ています。
 動物を飼ったことのある人なら、犬猫でも人間同様、というか人間以上に「通じる仲良し」になるのがよくおわかりでしょう。ところが、一旦病気になると、突然犬猫というのは豹変します。さっきまで「通じる」感じだったのが、急にメカのような昆虫のような、さっぱりわけのわからない物質に変容してしまうのです。これは結構恐ろしい経験です。
 動物でなくても、病というのは時に激烈に生き物を変えてしまいます。痴呆症の方を身内にお持ちの方は、似た経験をされているのではないでしょうか。

 何度か書いたことですが、この「同じ人とは思えない」感じを絶対的第三者の名を通じて「一つのもの」とするのが、愛というものではないでしょうか。結婚する時にキリスト教の教会では「病める時も健やかなる時も」と言いますが、病んだら別人です。アルツハイマーです。そんなさっぱりわけのわからないものを、一つのものとして扱い続ける、それが可能になるのは絶対なる一としての第三者が「名」の次元において保証しているからです。
 こうした捉え方を、多くの日本人が「宗教がかって」「大げさ」だと感じるのはよく知っていますし、必ずしも文字通りにとって頂こうというのではないのですが、愛と言われるものがあるとしたら、この「どうにも同じとは思えないものを、一なるものとして識る」という領域にあるのではないか、というところまでは、ある程度ご理解頂けるのではないかと思います。

 ですから、「わからない」ものを愛で乗り切る、あるいは出産のように「辛いけれど乗り切らざるを得ないものをつい乗り切ってしまった」時に特別な愛をもって報いる、という現象と、「わからない=断絶・飛躍」を「一」として受け止める愛は、表裏一体のものです。
 この時、辛い経験が最初にあって、保障としての愛がある、と考えれば経験主義的(アングロサクソン的・・・)ですが、「どちらが先」というのは、実は一番大切な問題ではありません。
 わたしたちは「原因>結果」という時間的フレームで物事を整理するのに馴染んでいますが、これはかなりの訓練の結果習得されたものです。「統計の嘘」というのがあって、例えば太陽の黒点周期と株価水準のように、どう考えても関係ないのに相関性を示すようなグラフを並べられると、「太陽活動が活発になると株価が上がる!」ような明け暮れたヤバい閃きがスパークしてしまうことがあります。言うまでもなく、相関性と因果関係は別の問題です。わたしたちは、相関性に関してはかなり鋭敏ですが、因果関係についてはナイーヴで騙され易い感性しか与えられていません。因果は訓練して身に着けるものなのです。にも関わらず、因果的フレームを当然視する文化の中に住んでいると、うっかり自分の「因果」能力を過信してしまい、とんでもない勘違いをしてしまうのです。逆に言えば、因果というのはずっと後から継ぎ足されただけのもので、ケモノにとってより大切なのは、相関性や単に「いつも一緒に出現する」というだけの関係です。
 最近親しい人が「犬の耳の後ろを掻いてあげると、自分で掻いているわけではないのに後ろ足がカッカッカッって動いちゃうんだよね」という話をしていたのですが、犬としては「掻く>気持ちいい」という因果が最初にあるのではなく、何となく「後ろ足カッカッ」と「耳気持ちイイ」が並んでいる状況がよくあって、その間に連合ができてしまっているのです。連合が最初にあって、因果というのは後から整理したものです。犬は多分、あまり整理していないと思いますが・・・。
 これらを時間的フレームで正確に並べられることは、素晴らしい能力であって、複雑な問題を解く上でとても役に立つものですが、この能力を余りに訓練してしまった人は、時々「時間フレームなんて一番最後に来たもの」というケモノ的感覚を忘れてしまうことがあります。よくある「理系男子と話の通じない女」ネタではないですが、因果的整理能力の高い方は、その思考法が根源的ではないことをよくよく思い出した方がうまく立ち回れます。「時間フレーム者こそが至高!」と信じるなら、それこそ習得の困難を愛で保障している、とも取れますが(笑)。
 フロイトの「反対概念は同一概念」ではないですが、「愛」と「わからなさ」にも似たものがあって、別段「心理的保障」のようなセコい考え方をする必要は全然ありません。ある種の「わからなさ」は、単に「愛」のご近所さんなのです。

 愛が愛である時、そこに理由はありません。正確には、理由を述べ立ててキレイに整理されてしまうものは、「本物の愛」ではない、とされています。理由は挙げるものの、どうにも後付けの理屈になってしまい、結局「わからないけれど、とにかく好きなんだ!」というのが「本物の愛」として規定されています。重要なのは、「何か残りがある」ということです。
 ですから、「『わからない』ものを愛で乗り切る」どころか、愛とはある種の「わからなさ」、つまり了解の断絶がなければ始まらないものです。因果の終わる場所、物語的了解が断崖に出会う場所、そこで析出されるのは、「耳の後ろ気持ちイイ」と「後ろ足カッカッ」のような無意味な並在です。
 もちろん、わからないものが何でも「愛」なわけはありません。「わからなさ」とは何か欠けのあることですが、欠如があり、その欠如を知っているはずのものが強く想定される時、愛が生まれます。「わたしにはわからないけれど、わかる者が少なくとも一人いる」、つまり転移です。愛は、知が欲望の知としての本性を剥き出しにした時、芽を吹きます。
 「ザラザラしたもの」とは「耳の後ろ」、つまり性感帯のことです。

  1. 以下参照。
    「『現代アラブの社会思想―終末論とイスラーム主義』 池内恵」
    「『アラブ政治の今を読む』池内恵 イスラーム的共存の可能性と限界」
    「身になることのできない相手との対話」
    「『書物の運命』、駱駝と針の眼」 []
  2. もちろん、弱さを補うために愛を抱いてもちっとも悪いことではありません。愛で乗り切れるなら、どんどん愛したら良いと思います。わたしは弱いので愛します。 []
  3. 依然わたしは初学者であり、アラブ諸国を訪れたこともなく、アラブ人と話す機会も限られています。 []

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする