ニキビと手作り化粧水、トゥヴェールのビタミンC誘導体


 メインの化粧水はもうずっと手作りで、ビタミンC誘導体、ハイドロキノン、ヒアルロン酸などの材料を購入して自分で作っているのですが、ビタミンC誘導体というと、一般的には美白の他ニキビ対策というイメージがあります。単体ではかなり乾燥するので、必ず保湿系の材料と組み合わせないといけませんし、「アンチエイジング」というより「攻め」の化粧水です。
 普段あまりニキビができず、今やアンチエイジング系が主目的になってしまったワタクシですが(涙)、少し前に一時期ニキビがやたらできた時がありました。
 「ストレスかな? 何か食べ物が変わったかな?」と考えているうちに、またパタリとなくなりました。
 今日になって突然気づいたのですが、この時期、一時的に手作り化粧水を中断していたのです。単に以前購入した某化粧水が冷蔵庫で眠ったままになっていて、もったいないから使ってしまおう、というセコい判断だったのですが(笑)。
 美白が主目的でビタミンC誘導体を使っていた上、余りにも長いこと愛用していて気づかなくなっていたのですが、ビタミンC誘導体の「対ニキビ」の働きが機能してくれていたようです。そういえば大昔はちょこちょこニキビができいたものでした。対照実験したわけではないので、まったくの偶然かもしれませんが・・。
 ビタミンC誘導体は材料で買えば比較的廉価ですし、ハイドロキノンやヒアルロン酸という高めのプラスアルファ材料にばかり目がいっていたのですが、当たり前のように使っている基本エッセンスが結構な働きをしてくれていたりするものです。保湿材料のグリセリンなどが良い例です。

 わたしの最近の手作り化粧水の作り方は、「手作り化粧水の作り方 ハイドロキノンとイソフラボン液」にまとめてあります。
 材料の選び方などは個々人でアレンジしたら良いでしょう。もうちょっと前の時期だと、

「ハイドロキノン化粧水の作り方」
「手作り大豆イソフラボンムダ毛抑制ローションの作り方」

 あたりに書いています。

 ちなみにニキビに効果のあったらしいビタミンC誘導体(他の材料が効いていたのかもしれませんが、効能的に一番確率が高い)は、ずっとトゥヴェールを愛用しています。トゥヴェールがビタミンC誘導体ほぼ一本で、サイトもショボショボで手作り化粧水マニアの間だけで愛されていた頃?から使っていたので、すっかり商品ラインも増えて大きくなったトゥヴェールを見ると、親戚のオバチャンのように目を細めてしまいます。
 一時期、他の材料でお世話になっているセンケンさんに乗り換えていたのですが、ビタミンC誘導体だけならトゥヴェールの方が割安です。
 トゥヴェールのビタミンC誘導体の現在のラインナップを比較すると、

ディープホワイトパウダー

 3600円/30g
 120円/g
 分包。一番昔からあるタイプで、割安。わたしはこれを使っています。

AP100ブライトニングパウダー

 4680円/30g
 156円/g
 分包。安定性・浸透性を高めたタイプ。

プレミアムホワイトパウダー

 7800円/6g
 1300円/g
 ボトル。さらに安定性・浸透性を高めたタイプ。敏感肌の方など。

AP100M

 3600円/20g
 180円/g
 ボトル。マグネシウム型で、脂性肌の方など、対ニキビを特に意識される方向け。

 次に買う時はAP100ブライトニングパウダーに乗り換えてもいいかなぁ、と思っていますが、他はちょっと高すぎるか(笑)、肌のタイプ的に違うと思っています。
 ちなみに、ディープホワイトパウダーがAP POWDERだったころに、このボトルタイプがあって、ボトルの方が割安だったと思うのですが、結局分包を選ぶようになりました。ボトルタイプで容量が多いと、どうしても変質してしまいがちだからです(当然冷蔵庫保存)。最近のトゥヴェールがボトルはプレミアムタイプを少ない容量、一般型は分包、とまとまってきたのは、他にも同様に考える人がいたからではないか、と想像しています。

トゥヴェール関連記事:
「アルジルリンとトゥヴェール ホワイトクリームⅡ」
「トゥヴェール アクアナノライズジェル2」
「トゥヴェールのヒアルロン酸 またまたリピート」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする