携帯がペースメーカーに悪いと信じられた時点でもう心臓に悪い


 「今のペースメーカーは携帯電話に影響されないらしい」について、副長日誌さんの指摘されている

古いペースメーカーを今でも使っている人がいるのか(いるとしたらどのくらいいるのか)知らないし、そもそも素人だから勝手な判断はしにくい*という元記事の保留や、体内式の埋込は相当負担のかかる手術だ。新しい機器→入れ替えますとはいかない。古い機器は相当数残ってるんじゃないかな?*といったコメントがほとんどスルーされていることにびっくり。

 にまったく同感なのですが、「携帯電話とペースメーカー問題」については、もう一つ気になることがあります。
 実はわたし、電車の中で当のペースメーカー使用者に「電源切って下さい」と言われたことがあります。

 優先席の前で電話の操作をしていた時、座っていたおばあさんに「すいません、ペースメーカーを入れているので・・」とお願いされてしまったのです。もちろん、謝ってすぐに電源を切りました。
 わたしはPHSしか使わないので、狭義の「携帯電話」ではないのですが、この状況で「いや、これはPHSだから安全で」と説明する人はいないでしょう。いたとしたら、ちょっと頭悪すぎです。
 要するに、わたしの持っていたのがPHSだろうが携帯電話だろうが、実際のところ携帯がペースメーカーに悪影響があろうがなかろうが、少なからぬペースメーカー使用者が既に「ケータイ(電話っぽいもの)はペースメーカーに悪い」「命にかかわる」と思い込んでしまっていて、さらにおばあさんに「携帯は実はそれほど悪いものではなく」と講釈を垂れて啓蒙してやる、などというのも至難の業だということです。
 もしもわたしが電源を切らなかったり、小難しい電磁波の話など始めたりしたら、そのプレッシャーだけでおばあさんの心臓がダメージを受けてしまうことは必至です。心臓が大丈夫だとしても、そんなあからさまな不安を人に押し付けるだけでも、十分「攻撃」でしょう。

 わたしは「攻撃」が大好きなので、攻撃したくてする分にはどんどんしたい、というか年中していますが、何の恨みもない可愛いおばあちゃんを「攻撃」しようとは思いません。まぁ、世代間テロなんてことも書いているので、やりたい方は大いにやったら良いと思いますけれど。

 ブクマコメで「知るって大事」と書いている方がいましたが、本当に重要なのは「誰が」知るのか、です。
 知が機能するのは、< わたし>が< わたし>だと思っている限りの< わたし>が知っている(あるいは知らない)場合だけではありません。誰かが知っている、少なくとも一人知っている(と信じている)、ということも、別様に決定的な働きをします。本当のところ何をどのように知っているのか、は知ることができない、というのもポイントです(だからラカンの「囚人」が走り出す時には論理的時間差がある)。
 こういうエロティックな側面をまるで感じることなく「知るって大事」とか抜かしている坊やを見ていると全身痒くなってきます。部屋が乾燥しているんですかね。

 それはともかく、携帯ペースメーカー神話が既に一定の人口を洗脳してしまった時点で、既にペースメーカーは「心臓に悪い」ものになってしまったのです。ですから、最大の「加害者」はこの神話を広めた人々なわけですが、もう彼らが勝っちゃったわけで、勝てば官軍ですから逆らえません。
 一般的な電車内での携帯使用については「通話は控えるが電源は切らない、メールやゲームはOK」くらいでなんとなくコンセンサスができている気がしますし、個人的にはそれくらいのオチで良いかと思っているので、特に不満はないです。できればカフェや閉鎖的公共空間全般での通話が「悪」になってくれるとさらに喜ばしいのですが、ペースメーカー神話はもう使えないと思うので、また悪い人たちが新しい屁理屈を捏ねてくれるのを待っています。

追記:
 「誤った神話は是正されたほうが全体の利益になるんじゃないの?おばあさんも正しい知識を身につければいちいち周りに断る必要もなくなるしメリットばかりだと思うのだが」というコメントを頂戴しました。
 もちろん「うまくいく」場合もあるでしょうね。
 しかし本質的には、これこそ正に「啓蒙してやる」視点です。おばあさんを「説得」するのに要するであろう絶望的な労力は脇に置いておくにしても、「正しい」なる知識を伝授してやる態度の傲慢さについて、こうした「親切」な人たちはどれほど自覚的なのでしょう。
 このような姿勢は、要するに「本人のため」を勝手に先取りしているだけです。本人でもない人間が、どうしてそこまで自信満々に何が「ため」であるか否か、決めることができるのでしょう。
 もちろん、これがある種の「攻撃」的傲慢として行われるなら、それはそれで大変納得できます。わたしはファシストでかつ狂信的宗教人間なので、個人的にはそういう独善は大好きです。
 来るべきユートピア社会のためにも、是非おばあさんの啓蒙に励んで下さい。わたしは趣味的に爆弾テロとかの方が好みなので、おばあさんは放置します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 携帯がペースメーカーに悪いと信じられた時点でもう心臓に悪い…

     トラックバックありがとうございます。もう私はへたれなチキンで、そーっと疑念を呈すだけで精一杯でしたので、大変楽しく読ませていただきました。 (more…)