全長3kmの地上絵、10年放置

Pocket

 technobahnの世界最大の地上絵「マリーマン」という記事がすごいです。
 中央オーストラリアで発見された全長3kmの世界最大地上絵。でも古代文明のものではなく、10年ほど前に描かれたものらしい、とのこと。
 この10年という数字の中途半端さが妙にリアルでイイです。
 どこかのパフォーマーが衆目を引こうとやっただけなら「ふーん」なのですが、10年放置されていたところが素敵。いや、もしかすると注目を集めようとしてやったのに誰もブクマしてくれなくてふてくされて放置したまま10年、ってことかもしれないですけど・・。
 Google Mapsでも確認できます。衛星写真にするとほんとに見えます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする