イプサ スキンビューティーリップスティック S1

Pocket

 久しぶりにイプサに寄って、リップカラーを購入しました。
 イプサ スキンビューティーリップスティック S1です。
イプサ スキンビューティーリップスティック S1


 リップカラーはイプサの504と705という全然正反対のカラーを使い分けていて、504がお昼間用、705が夜用!のハズだったのですが、最近オトナモード率がぐんぐん上がって、いつの間にやら705がメイン、常に夜になっていました。
 ベタッと使うとさすがに派手なので、かなり薄めにはしていたのですが。
 とにかく705が急激に減ってきて、そろそろリピートしようか、とイプサを覗いてみたわけです。
 ところが705がありません。
 いつの間にやらイプサのリップカラーはモデルチェンジして、スキンビューティーリップスティックという細長いフォルムのリップベースがメインになっていました。すっかり疎くなっていてちょっと焦ります。
 705の後釜で、とBAさんに相談したところ、最初に進められたのはL系。L1だったかL2だったか忘れてしまったのですが、とりあえずトライ。
 でもちょっと派手です。
 色的には似た傾向なのですが、赤みが強いとかなり微妙になります。
 わたしは唇が厚い方で、よく言えば色っぽい下唇ではあるのですが、色を間違えるとオバQというか、こっそり母親の口紅を塗ってみた小学生というか、とにかく「化粧してます!」というヤバいヴィジュアルになってしまうのです。
 そういう意味ではピンクベージュ系などがナチュラルで手堅いのですが、ちょっと若すぎるというか、もうそんなピュアじゃないもんね~にオトナな演出はしたいのです。
 つまりセクシーで華はあるけど派手になりすぎず、という微妙なラインを選ばなくてはならず、セレクションも慎重になります。
 二色試してどっちも派手すぎな印象で、結局ベージュ寄りのS1にしてみました。
 一般的にはちっともセクシー系でも夜っぽくもない色ですが、わたしの顔面バランス的には丁度良いようです。
 これをベースに、お色気プラスしたいときはグロスで調整していけばいいや、と思っています。
 地味なのを派手にするのは簡単ですが、一度派手になると元に戻れず、しかも往々にして感覚が麻痺してドラゴンボール的にエスカレートしていったりしますからね(笑)。
IPSAを通販で探す
関連記事:
IPSA オプティマムバランス アイパレット VIII 1
IPSAの実習生に癒される
IPSA リップカラーs 504
IPSA THANKS PROGRAMの景品をもらう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする