MCPとマルコ

Pocket

 MCP受験者にはおなじみのマルコ。「ログオンできない」「ファイルが壊れた」など、さまざまなトラブルを持ち込んで管理者の手を煩わせてくれるステキなユーザーです。重要ファイルをアクセスできないままにして会社を辞めるときもあります。
maruko2.jpg
 そうですか。大変ですね。
 他のユーザーはどうなのでしょうか。
maruko1.jpg
 問題が発生しているのはマルコだけのようですね。
 ・・って「まるこ」やんっ!

 まるこ、ログオンできないの?
 困ってしまってピーヒャラピーヒャラなの?
 たぶん、おじいちゃんに聞いてみたらなんとかしてくれうと思うよ。俳句とかで


 MCP受験者以外には意味不明かもしれないので無粋なことを補足しておくと、マルコとはMCP試験によく登場する名前です。MCPとは意味不明な翻訳の長い長い問題が出題されることで有名なマイクロソフトのベンダ資格。たくさん取るとMCSEとかMCADとかになれます。わたしは一応MCADですが、最近は運用系もお勉強中。
 それにしても、MCPの訳文は、ダメダメで知られるIT系翻訳の中でも素晴らしく日本語を超越しています。仮にも翻訳業に携わった人間として、憤りというか悲しみというか、正直どういう人が仕事しているのか会ってみたいです。
 一周回って文学になっていますから、意外と文才のある方なのかもしれません。一受験者としては、今の仕事からは身を引いて頂きたいですが。
 この「保証する」という言い回しはよくあるのですが、assureって言いたいんですよね? 「確実に○○する」とか、自然な日本語にはできなかったんですかね? それとも予算の都合で中国とかに外注しているんですか?
 ちなみにMCP受験はクラムメディアを使うのが一番手っ取り早いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする