レーシック後の視力低下


 というわけで、現在レーシックを受けてから二週間ちょっとなのですが、実は一週間目の時点で少し視力が落ちていました。

 元々術前の「目標視力」は1.2。「1.0くらいの方が見やすいんじゃないの」という先生に「どうせならもう一声!」と欲張った目標を設定していました。
 翌日の検眼では右1.2、左1.5だったのですが、仕事に戻ったくらいから右目だけ体感的にも視力が落ちていきました。
 一週間目で右0.8、左1.2。左は特に変わったとも感じないので、1.5と1.2というのも誤差の範囲内かもしれませんが、右は明らかによく見えません。
 見えないと言っても、両眼0.02の以前に比べれば夢のような世界なのですが、やはりちょっと残念です。
 レーシック直後は視力が安定しないもので、カウンセラーの方にも「毎日見え方が変わるよ」と言われました。実際日や時間帯によって随分見えが違うのですが、乾燥などの影響で一時的に視力が落ちることもあるそうです。
 また、特に強度近視の場合、一時的ではなくこのまま「今ひとつ」な視力で落ち着いてしまうことがあり、追加レーシックが必要になる率が3.5%ほどとのこと。結構な確率です。
 いずれにせよ三ヶ月は様子を見るしかなく、角膜の厚さにも余裕があるので「心配しないでいい」と言われました。気にしても疲れるだけなので、考えないことにしています。
 その後も体感視力は行きつ戻りつという感じで、特に右は調子が良い時と悪い時で差が激しい気がします。
 普通の状態でも一日の中で多少視力の変動があるものだと思いますが、ちょっとびっくりするくらい見え方が変わります。朝良く見えても段々見えなくなる、というのは当たり前かもしれませんが、「視力」が違うと感じるほどに変化があります。一週間目の検診は仕事帰りだった、というのもあったかもしれません。また、右目が利き目なので、より酷使している方が一日の中で視力が落ちていく、ということもあるかもしれません。
 素人の憶測にすぎませんが、不安定なうちはやはり極力ディスプレイ等は遠ざけた方が良い気もします。そうは言っても、仕事をしないわけにもいかず、カウンセラーの方も「今時パソコン使わない仕事の方が珍しいし、みんな翌々日くらいから仕事しているよ」と仰っていましたが・・。
 なまじ普通に見えてしまうだけに自覚がないのですが、多分目が非常に疲れやすくなっているのでしょう。一週間経過しても安心しないでいたわってあげた方が良さそうです。
 それから、目が疲れやすい状態のせいか、肩こりが酷いです。段々マシになっていっているので、目の治癒過程と相関していると思うのですが、最初の一週間は肩から肩甲骨の間が重くて悲惨でした。丁度二週間目に美容院に行った時、ちょっとマッサージしてもらったのですが、「めちゃくちゃ凝っていますね~」と言われてしまいました。

 とりあえず一ヶ月目の検診まで、一週間目に処方して頂いた目薬(ドライアイなどで使われるもの)を使っていくつもりです。元々仕事中はしょっちゅう目薬を差していたので、やることは大して変わりません。この目薬がパンダ目を誘発するので、できればレーシックで乾燥脱却したかったのですが・・(笑)。
 体感的には、コンタクトよりちょっとマシなくらいの乾燥感があるのですが、少しずつ改善してきています。レーシック後、治癒するまで目が乾燥ぎみになる、というのはよくあることのようです。術前の検査でも涙の量が少なくドライアイぎみ?だったので、無理もない気がします。コンタクトと違って「外せばスッキリ」といかないところが、ちょっとイライラします。
 別に0.8でも日常生活では困っていないのですが、映画を見るときはもうちょっと見えた方が助かる、とか欲が出てきています。このまま変わらなかったら、三ヶ月経過後にでも追加レーシックを希望するかもしれません。

 それにしても、三ヶ月経つ前に中途半端な視力になると、前の眼鏡は使えないわ、新しく作っても無駄になる可能性が高いわで、困りそうですね。運転される方などはもっとシビアでしょうし、慎重に検討された方が良いと思います。

 ちなみに、ここまでの記述でわかる人には「あの先生」とわかっているかと思いますが、わたしがこの先生に惹かれた理由の一つは、「レーシックは別に必要なものではないし、やりたい人だけやればいい」という姿勢が明瞭なところです。本人は眼鏡、というところもステキです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする