レーシックとメイク アイシャドウ・アイライン・マスカラ


 レーシック手術後の注意点、特に個人的に一番気になっていたレーシックとメイク、特にアイメイク(アイシャドウ・アイライン・マスカラ)と洗髪について、まとめておきます。

 レーシック手術後の「やっちゃいけないこと」リストには色々あるのですが、まず一番気をつけるべきなのは「目をこすらない」。正面から優しく押さえつけるようなのは問題ないらしいですが、ゴシゴシこすったりするのは厳禁です。眠っている間に目をこすってしまわないよう、アイカバーを渡されるくらいです。
 このカバー、テープで貼り付ける方式なのですが、申し訳ないですがわたしは使用しませんでした。テープかぶれをする体質なので、跡が残ってしまうのが怖かったのです。「こすらない、こすらない」と念じて眠りました。
 もう一つ気をつけるのは、顔を濡らさないこと。洗髪も顔をバシャバシャ洗うのも一週間禁止です。なまじ痛みもなく視界も正常なため、うっかりしていると忘れてしまいそうです。
 さて、大問題なのがこの「洗顔禁止」です。「メイクは翌日から可能」とあるのに、洗顔ができないとはどういうことか、と最初は思いました。水がバシャバシャとかかってしまうのがダメなので、優しくふき取り洗顔はできるのですが、いわゆる「洗顔」は不可なのです。
 つまり、メイクそのものができないわけではなく、ふき取り洗顔で落とせる程度であれば問題ないですし、実際わたしも翌日からしていました。ただし「激しいアイメイク」は一ヶ月くらい控えた方が良い、ともあります。
 「激しい」というのはどの程度なのでしょう。まつ毛パーマなどはNGのようですが、マスカラは? アイシャドウは? アイラインは? と細かいところが気になります。こういうことは、先生よりも看護婦さんの方が良いアドバイスをくれます(笑)。

 そもそもアイメイクがよろしくない理由は、

①ふき取り洗顔しかできないので、濃いメイクはお勧めできない
②目そのものに刺激になるようなメイクはダメ

 の二つがあるようです。
 逆に言えば、ふき取り洗顔でも大丈夫そうな軽いメイク、目の周りに関係ないメイクであれば問題ない、ということです。また、何らかの理由で「ふき取り洗顔では落としにくい」あるいは「目に刺激になる」場合は、「アイメイク」でなくてもよろしくない、ということになります。
 間違っても目にパウダーが入らないように気をつけていれば、アイシャドウくらいは大丈夫でしょう。マスカラは落とすのが厄介そうですし、目に入ったら大変なので控えた方がよさそうです。アイラインも引き方によって目に刺激がいきそうです。少なくとも、まつ毛の隙間を埋める系の使い方は避けた方が良いでしょう。筆ペンタイプで上に薄く描くくらいは大丈夫だと思います。
 わたしは土曜日に手術をして、贅沢にも月曜・火曜を休んでしまったので(メイク問題を除けば出勤は十分可能、単に自分への言い訳にしてついでにサボっただけ)、この間はアイメイクは一切なし、ファンデも目の下まででにしていました。アイブロウも「パウダーが落ちて目に入ったら良くないかなぁ」と思ったのですが、眉を描かないのはさすがに抵抗があったので、使ってしまいました。ずっとニットキャップを深くかぶっていたので、良く考えるとアイブロウくらい描かないでも良かったのですが・・。
 職場復帰した水曜日から洗顔解禁の次の週末までは、アイシャドウだけ軽く使いました。
 体力・視力に問題がなくても、「すっぴんで会社に行け」というのは、ズラの人に「ズラなしで会社に行け」というようなものです。まぁ、やってみれば何でもないことでしょうし、実際会社以外のところに半スッピンで出かけたりしていたのですが、会社となると「どうしたの?」とかツッコまれそうで面倒です。逆に誰にも気づかれなかったら、それはそれでわびしいですが・・・。

 もう一つの大問題が「一週間洗髪禁止」です。
 顔が濡れなければ良いので、美容院なのでシャンプーしてもらえばOKです。男性の理容室のようにうつぶせになるのはNGです。
 実はこの「一週間顔濡らしちゃダメ」という制約、諸般の事情でわたしは何度も経験しています。なので、濡らさないように自分で軽く洗髪するのも要領を得ています。わたしは当日・翌日・翌々日は洗髪なし、その後出勤前日に自力で「顔を濡らさない洗髪」してしまいました。先生ごめんなさい。これは結構神経を使うし器量を要求されるので、安全第一の方は真似しないでください。

 結論としては、ワイルド男子は手術翌々日、うまくすれば翌日からでも仕事はできます。パソコンは休憩を入れながら。
 女子は普通に考えてその十倍は壁が厚いです。キャラに大きく依存するので、普段から余裕でスッピン出社している豪傑であれば、別に問題ないです。「髪なんか洗うのめんどくせー」という太い心臓があれば、全然余裕です。女としてどうかは、また別問題ですが・・・。

 それにしても、手術後でお休みしていた間はニットキャップで、軽くファンデ塗っただけのような状態で結構ウロウロしました。こんなに化粧をしなかったのは久しぶりだったのですが、すばらしい開放感です。会社もこの格好で行けるなら、仕事が倍くらいはかどりそうな気がします・・・。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする