新鮮な二日酔い


 今朝起きてから、妙に地に足の着かない気分です。
 十分に睡眠を取ったにも関わらず、考えがまとまらず、心がザワザワする感じが消えません。
 超情緒不安定で、三日に一回は世界の終わりをリアルに経験する人生なので、別段この感じ自体は珍しくありません。神の声が聞こえないだけ、むしろ静かな方です。訳のわからない脳内物質やら壊れまくった内分泌システムのせいで、宇宙が歪んでいるのでしょう。
 こういう時の典型的なわたしの対応は、「原因を考える」という極平凡なものです。ただ「ヘンな薬キメて、しかもキメたことすら忘れてないかな」とか「内分泌のバランス制御が」とか「マイタケの過剰摂取によりβグルカンが予期せぬ作用を」とか「脂肪酸バランスがn-6系に傾いたせいで」といった妄想科学的な領域にまで救いを求め、またわけのわからない薬物をボリボリ摂取してみたり、断食してみたり、生魚を求めてスーパーを彷徨ってしまうところが少し極端ですけれど。
 今日もまた、いつもと同じように「原因」を求めてグルグルし、とりあえず冷たいコーヒーを注入しまくって覚醒を促してみたりしたのですが、依然シャキッとしません。
 「エストロゲン優位三日目くらいが一番精神状態が良い」マイ信仰などがグラつき、もうアッラーにおすがりするしかないのか、と思ったときに、やっと気づきました。
 二日酔いです。
 ただの二日酔いです。
 わたしはかなりアルコールに強く、学生の頃などは「喉が渇いた」と言ってテキーラをボトルから飲むようなキチガイでした。
 その後色々あって、部屋で飲むということをキッパリ辞め、飲む機会や量も普通以下に制限しました。久しぶりに会った友人に「○○さんと言えば『酒と本』のイメージだったのに!」と驚かれたくらいです。いや、これはむしろ、以前どれだけ酒飲みだったかを示しているだけかもしれませんが・・。
 最近になってまたちょっと増えてきましたが、それでもせいぜい平均的日本国民レベル。とにかく、長い間「二日酔い」というものを経験していませんでした。


 新鮮です。
 これが二日酔いです。
 お酒なんかでも、ちゃんとバッド・トリップします。
 断食も瞑想もしていないのに、ちゃんと力が出ません

 新鮮ですが、やっぱり二日酔いは気持ち悪いですね。新鮮でも、ちっとも嬉しくありません。
 こういう時は、無理して汗をかきまくるとアセトアルデヒドが早く抜けて回復が早いのですが、週に一日くらいトレーニングを休みたい日なので、ゴロゴロと無為な時間を過ごしています。

 戒律を破ると、やっぱりロクなことはないです。アッラーにおすがりしても、絶対許してもらえそうにありません。

二日酔い関連記事:
「二日酔いと美白ならハイチオールCよりシスティナC」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする