ローズヒップ、マリーゴールド、キダチアロエ

Pocket

 以前に「ハーブティー比較レビュー」というエントリを立てましたが、久しぶりにまたハーブを購入しました。
ローズヒップ、マリーゴールド、キダチアロエ


ローズヒップティー愛飲の地ヨーロッパより入荷!無農薬ローズヒップ・スモールカット 100gローズヒップ
 超定番のローズヒップ。
 ビタミンC・カテキン・フラボノイド・リコピンを含み、抗酸化作用・肌荒れ・疲労回復・便秘緩和・利尿作用があるとされています。
 「飲みにくいときは蜂蜜を混ぜて」と言いますが、そのままでもほのかに甘みがあります。
 ローズヒップは細かいハーブなので、100gくらいだとすぐなくなってしまいます。もうちょっと大きい単位で購入すればよかったです。
マリーゴールド 100gマリーゴールド
 マリーゴールドです。
 あんまりお茶として飲むのは一般的ではないかもしれません。発汗作用や口臭予防効果、皮膚の炎症をしずめる効果があるとされています。色鮮やかですが味は薄く、ほのかに苦いくらいです。
 わたしはポットで作って冷やしてお水代わりにしています。
キダチアロエ茶 100gキダチアロエ
 アロエってお茶として飲むこともできるんですよ。「医者いらず」とも言われる万能ハーブで、胃炎、胃もたれ、便秘解消、整腸、やけど、殺菌、コレステロール、糖尿、二日酔い、自律神経の乱れなど、様々な効能が語られています。
 飲みにくいかと思って覚悟していたのですが、それほどでもありませんでした。心地よい苦さですが、苦いものは絶対ダメ!という方は他のハーブと混ぜたり、それこそ蜂蜜を入れたりしたら良いでしょう。
 アロエは身体を冷やす働きがあるので、これからの季節、麦茶の代わりにアロエ茶を冷蔵庫で冷やしておくのも吉。
ギムネマシルベスタ 100gギムネマシルベスタ
 ダイエットハーブの超定番、ギムネマシルベスタです。
 ギムネマシルベスタに含まれるギムネマ酸は、甘味を感じさせなくさせるだけでなく小腸から糖分の吸収を抑制するとされ、血糖値上昇の抑制効果が実験的にも確かめられています。
 お味の方はちょっと渋いです。これ単独だとおいしいものではありません。まぁ、痩せるため!と薬だと思って飲むなら、それほど飲みにくいものではありませんけれど。
 わたしは色々なハーブと混ぜて使っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする