クイティアオとピックポン・トゥラム

Pocket

 「インディカ米(タイ米)とジャポニカ米、ダイエットにはどっち?」でタイ食材とそのダイエット効果について書きましたが、また色々注文してしまいました。
クイティアオとピックポン・トゥラム"


 まずはクイティアオ。クイティアオというのは、前回もご紹介したお米から作られた麺です。太いのがセンヤーイ、細いのがセンレック。他に極細のセンミーというのもあって、日本でいわゆる「ビーフン」に相当するのはセンミーです。
【本格タイ料理&食材 クンテープ】ビーフン・ストレート 3mmタイ名:センレックチャンタブンセンレック
【本格タイ料理クンテープ】ビーフン・ストレート 10mmタイ名:センヤーイチャンタブンセンヤーイ
 わたしはお弁当持参の人なのですが、お米は炊かずおかずだけ作って持って行き、会社のビルの食堂手作りおにぎりを買っています。お弁当用おかずの残りが朝ごはんなのですが、ごはんの代わりにセンレックかセンヤーイを頂いています。本当は40分くらいかけて水で戻すらしいですが、パスタのように4、5分茹でてもOK。忙しい朝にはぴったり。
 他にも面白そうなスパイスを色々買ってみました。
 まずチリソース。
【本格タイ料理&食材 クンテープ】チリソース 瓶入 L(ミディアムホット)チリソース
 スイートチリソースとは別にあって「辛い」と書いてあったので期待していたのですが、それほどの辛さではありません。わたしはめちゃくちゃ辛いもの好きなので、普通の人には辛く感じられるのかもしれませんが、「甘辛い」くらいの感じですね。
 焼き野菜にかけたりするとおいしいです。
【本格タイ料理クンテープ】唐辛子パウダータイ名:ピックポン・トゥラムピックポン・トゥラム
 ピックポン・トゥラムというのは、かける唐辛子パウダーで、食堂などでは丁度日本の七味のように「辛くしたい人はどうぞ」的に置いてあります。
 これは辛いです。おススメ。
 わたしは真っ赤になるくらい使ってしまいますが、辛いものが苦手な人は加減しないと地獄でしょう・・。
【本格タイ料理&食材 クンテープ】オイスターソース ショイスガラス瓶入りSタイ名:ナムマン...オイスターソース
 オイスターソースです。めっちゃくちゃおいしいです!
 オイスターソースは「牡蠣油」とも言いますから、文字通り油のようなイメージがあるかもしれませんが、実際は脂質は極めて少量しか含まれていません。原材料は牡蠣、砂糖、食塩などで、牡蠣はほとんどたんぱく質ですから、栄養成分を見ると主が炭水化物、次がたんぱく質。しかもビタミンA、B6,B12,E、パントテン酸、タウリンなどの微量栄養素が豊富に含まれています。
 タイ料理は食材的に豚肉以外かなり低脂質です。魚介類にしてもイカ・タコなどほとんど純タンパク質のものが主体。あとは炒め物のときの油に良いものをちょっとだけ使うよう控え、味を本場よりは少し薄めにして、麺類はバミーよりクイティアオを選べば、なかなか良質のダイエットになる気がします。
 あ、でもタイのお菓子はだめよ(笑)。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする