気象庁の地震速報ページはYahoo!より遅い

Pocket

 津波のエントリの次が地震で縁起でもないですが、昨日(正確には今朝)地震がありましたね。
 ほとんどの健全な日本国民がぐっすりお休みの時間なので気付かなかった方も多いでしょうが、わたしは思い切りマシンの前にいました。
 で、揺れを感じると同時に、机の下に潜るのではなくググってみました。webの地震速報がどれくらい速いのか見てみたかったのです。
 Googleで「地震 速報」を検索すると、トップに来るのは気象庁の地震速報。しばらくF5を押しながら眺めていたのですが、一向に更新されません。
 3時18分発生の地震だったのですが、20分を過ぎても変わりません。テレビをつけると、もう地震速報が流れています。
 ふと二番目にヒットするYahoo! の地震情報を見ると、もう更新されています。goo 天気の地震情報も少なくとも22分現在には速報を掲載していました。
 一番オフィシャルな匂いのする気象庁や防災科学技術研究所 Hi-net 高感度地震観測網は全然変わらず、10分くらいすぎて忘れたころに更新されていました。
 ちなみに2ちゃんねるの地震速報実験中。。。@2ch掲示板はどうも気象庁の地震速報ページを見て自動でスレッドを立てているようなのですが、こちらも気象庁が更新されるまでは変化なし。
 もちろん、Yahoo!やgooが地震の情報を得ているのは気象庁(あるいは関連の公的機関?)からでしょうし、Yahoo!独自のシステムが気象庁に先んじているなどというわけではありません(笑)。ただ、テレビ等にオフィシャルに流す情報は速くても、自分のwebサイトへの反映は結構のんびりしているらしい、ということがわかりました。
 というか、寝ろよわたし・・・。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする