藤田一道、「例外」、空へ帰るゴミ

 先日ストリート・アーティストの藤田一道さんのことを書きましたが、いきなり購入したディスク『違う』収録の「例外」という曲がすごく気に入っています。
 例外というと、throwしたりcatchしたりする方ばかり考えてしまいますが、ラブソングらしくないこのタイトル、そして歌詞が素晴らしい。「例外」という冷たい言葉の選び方、そこへの向かってジワジワ上り詰めていく展開、一瞬だけ裏返る声、セクシーです。
 海の向こうの千年前の詩を七転八倒しながら読む割に、日本語の歌の歌詞をあまり聴かない、というか日本語の歌自体ほとんど聴かないのですが、この歌詞は興味深いです。

優越感も薄れてきた頃
気がついたあなたの浮気性
八方美人を地で行く人ね
悪びれる素振りも見せずに
(・・・)
教えて私は
あなたの 恋人でしょう

 誰にでも優しい彼氏に対し、彼女が自分の位置づけ、存在を問いかけます。「あなたにとってわたしは何か」を問いかける歌です。
 彼女は最初「恋人」という言葉を選びますが、飽き足りません。「わたしにとってあなたは『恋人』、あなたにとってわたしは『恋人』」。当たり前です。この言明は正しいですが、彼女が求めているのはそうした「客観的な正しさ」ではないのです。ですから、ここでの「あなた」は、「わたし」と「あなた」と「それ以外」によって構成される世界全体の中の「あなた」ではありません。「それ以外」から見て妥当な回答が彼女を満たさないのは、「あなた」が「それ以外」を容れる余地のない全体性だからです(「あなたがすべて♪」)。
 次に彼女は「特別」という言葉を選びますが、それでも満足しません。フェラーリは「特別」な車かもしれませんが、車は他にも沢山あって、その中の「特別」に過ぎません。「特別」などという形で「それ以外」にもわかるような印を、求めているのではないのです。むしろ「客観的」な認識を拒み、そうでありながら「誰が見ても明らかな」印が欲しいのです。
 もちろん、そんなものを言葉に表すのは不可能です。ここでの彼氏は世界の全体性ですから、この問いは「世界にとってわたしとは何か」と言い換えられます。この「世界」は、「わたし」自身を含む全体です。単に「みんなの意見」ではありません。一票入れる方に自分も回るなら、評価対象としての「わたし」は一回オフにしないといけません。オフにしてしまったら、今度は投票結果がわかりません。でも、「全体」の答えを得るには、一瞬でもオフにしないわけにはいきません。つまり、自分自身をオフ=物質にして、賭けてしまう必要があるのです。
 この歌の中で、彼女が見つけた答え、つまり「何でもないもの」は、「例外」という言葉です。
“藤田一道、「例外」、空へ帰るゴミ”の続きを読む

イラク、疑心暗鬼の罠

4004308712 イラク 戦争と占領 (岩波新書)
酒井 啓子
岩波書店 2004-01-22

 『イラクは食べる』をご紹介した酒井啓子さんの前著、『イラク 戦争と占領』です。時間を遡って敢えて手に取りました。
 2004年の著作で、テーマがテーマなだけにマーケットプレイスなどで買い叩かれていますが(笑)、時事的なテーマの本を少し時期を外れて読むと、思わぬ発見があって面白いものです。時事ものといっても、わずか四年前。時系列を追って再整理する上でも十分有用です。
 読み物としては、『イラクは食べる』より楽しめます。『イラクは食べる』が諸勢力の動静を追うことに終始してしまっているのに対し、『イラク 戦争と占領』の特に前半は、イラク戦争に向かっていかに事態が悲劇的に展開していったか、劇的かつコンパクトにまとめられていて、ノンストップで読み進められます。
 後半はやはり諸勢力の整理に割かれている傾向が強いのですが、それでも『イラクは食べる』より見通しが良いのは、イラク情勢がこの四年で更なる混沌へとはまり込んでしまった、ということなのでしょうか。
 『イラクは食べる』にも続く視点ですが、酒井氏が強調するのは「どっこい社会は生きていた」というポイントです。悪辣な独裁者を放逐すれば、社会に空洞が生じ、亡命イラク人を巧みに操ってアメリカ好みの世俗的「民主国家」を樹立できるだろう。そうした目論見は、「解放」後にあからさまになった社会的靭帯の強さ、壊滅的混沌を少しでも自らの手で収拾しようとするイラク人たちの(時に過剰なまでの)自主性によって、見事に打ち砕かれます。

 個人的にとても気になったのが、疑心暗鬼に囚われていく末端のアメリカ兵の姿です。
“イラク、疑心暗鬼の罠”の続きを読む

『恋するサウジ』、人情の辛さ、処刑されるための旅

4046210915 恋するサウジ―アラビア最近生活事情
郡司 みさお
角川学芸出版 2006-11

 サウジアラビアの歴史や思想、社会構造についての本はいくらか読んでいたのですが、この郡司みさおさんの『恋するサウジ』は、サウジアラビアに赴任したご主人と共に渡航した「赴任妻」の視点から描かれた、極めてカジュアルな「今時のサウジ」本です。サウジの見所や注意点などもかなりぶっちゃけに書いてあるので、旅行者にもかなり便利だと思います。
 普通だったらあまりわたしの手に取るタイプの本ではないのですが(逆に言えば、普通の旅行好きお姉さんにはウケるはずw)、購入したキッカケは、最近サウジの女の子と「文通」しているからです。
 それまでのわたしのサウジイメージは「二大聖都を抱え、厳格なワッハーブ主義を掲げる宗教国家」「でも世界最大の産油国、大金持ちのレンティア国家」「親米路線と伝統派への懐柔などの矛盾が、一部で過激な『原理主義者』を生み出す温床を作ってしまった」「出稼ぎ労働者に依存する歪んだ構造、貧しい他のアラブ諸国から来た労働者に評判が悪い」等々、いずれをとってもちょっと眉間に皺が寄りがちな小難しい「外側からの」ものでした。
 ところが、彼女は至って普通の18歳の女の子で、ワッハーブがどうたらイスラエルがどうたらといった話題はまったく出ません。宗教の話も政治の話も一度もしたことがありません。「この映画面白かったよ!」とか、アラブの詩や日本の歴史について、他愛もないお喋りをしているだけです。彼女は日本にとても興味を持っていて、「日本の歴史の本を読んだけれど、とってもエキサイティング! 豊臣秀吉かっこいい!」というメールも頂戴しました(やり取りはほぼ英語、一部片言の日本語と片言以下のアラビア語)。サウジアラビアの女の子から豊臣秀吉の名前を聞くとは、想像もしたことがありませんでした。
 というわけで、小難しい話はちょっと脇によけて、もうちょっと「フツーのサウジアラビア」を知りたいな、と思って読んでみたのが、『恋するサウジ』でした。
“『恋するサウジ』、人情の辛さ、処刑されるための旅”の続きを読む

楽天で家が売られている!

 何気なく楽天で検索していたら、家が売られていました。

ひのき健康住宅木造149.9m2 2階建 ゆとりのある住宅 親切丁寧な施工ひのき健康住宅木造149.9m2

ひのき健康住宅木造149.9m2 2階建 ゆとりのある住宅 親切丁寧な施工ひのき健康住宅木造149.9m2 2階建
価格 45,800,000円 (税込 48,090,000 円) 送料別

 送料!? 送料って!?

ニューヨークのハリール・ジブラーン(カリール・ジブラン)公立学校が批判に曝されている

 「ファイルーズとハリール・ジブラーン」で触れたジブラーンですが、ニューヨークのハリール・ジブラーン公立学校が批判に曝されているそうです。

NPR : English-Arabic Public School Faces Harsh Critics

 ニューヨーク、ブルックリンのハリール・ジブラーン国際アカデミー(アラビア語と英語の公立学校)が、開校前から論争の的になっている。
 批判者たちは、この学校は過激なイスラーム主義者に率いられた「マドラサ」1であり、生徒たちをイスラームに改宗させようとしている、という。支持者たちは、このプロジェクトは様々なバックグラウンドの子供たちがアラビア語とアラブ文化を学び、平和の使節として大学へ進むための教育環境を提供するものと考えている。
 校長であり創始者でもあるデビ・アルモンタザは、学期が始まる前に辞任することになったが、「アラビア語の公立学校」という考えは依然として議論を呼んでいる。批判者たちは、アラビア語の公立学校は必然的にイスラームを教えることになり、憲法に反する、という。支持者たちは、アラビア語の公立学校は、スペイン語や中国語専門の公立学校と同様に考えるべきだ、としている。

 Wikipedia : Khalil Gibran International Academyによると、「この学校がイスラーム、ひいてはテロリズムを教える隠れ家となりかねない」という批判まであるようです。
 ハリール・ジブラーンがレバノンで生まれアメリカで活躍したキリスト教徒であり、福音書に迫るような美しい言葉で人々の心に平和を与えたことを考えると、皮肉というか、やり切れないというか・・。

  1. アラビア語で「学校」。「イスラーム教育の場」を含意している。 []

ファイルーズとハリール・ジブラーン

 少しでもアラブ・ミュージックに興味のある方なら、ファイルーズの名前を聞いたことのない人はいないでしょう。わたしは別段「ワールド・ミュージック」1ファンではないのですが、NHKテレビのアラビア語会話でカリーマ先生が触れられていたのをキッカケに、ファイルーズのことを知りました。
 最初に聞いた時は古臭い演歌みたいで、ちっとも馴染めなかったのですが、繰り返し聞いているうちに心に染み入るようになりました。しっとりとした女性ヴォーカルの好きな方なら、一度は聞いてみることをお薦めします。
 ファイルーズの曲は曲によって大分雰囲気が異なり、「アラブ音楽」的なものからジャズヴォーカルのような歌まであるのですが、ド真ん中の「わたしに笛を下さい」が結構気に入っています。というか、『ステップアップ アラビア語の入門』にこの曲が収録されていて、最初は「歌のコーナーなんか要らないよ」と思っていたのが、何度も反復している内にすっかりハマってしまった、というのが真相です(笑)。
 أعطني الناي و غنで検索すれば、動画も沢山見つかります。

Fairouz – Give Me The Nay And Sing -Courtesy of Hani Jordan!
A3teny El Nay

 アラブ音楽は一般に前奏が長いので、歌が始まるまでに結構待たされます(笑)。個人的にはもっとシンプルなものが見てみたいです。
 ファイルーズと関係ないですが、勝手にギターソロしているこのお兄さんはカッコイイです。
“ファイルーズとハリール・ジブラーン”の続きを読む

  1. この言葉のヘンテコリンさが、不快感を越えてもう面白くなっていますね。いいんじゃない、「ワールドミュージック」。 []

弾き語りギタリスト藤田一道さん@新宿駅東南口

 ストリート・ミュージシャンが大好きですが、生音原理主義者なので、どうもアンプを使っている人たちに惹かれません。
 楽器によってはアンプがないとお話になりませんし、まして新宿駅前のような喧騒ではどうしようもないとは思うのですが、電気の力に頼っているのがどうもストリートらしくない気がしてしまうのです。脇で発電機が唸っていたりしたら、演奏がどんなに素晴らしくても即スルーです。
 最近はオケを流して歌っているボーカリストなどもいますが、「路上カラオケかっ」とツッコみたくなります。まぁ、別に路上でカラオケしちゃいけない理由もないですし(法的にはあるかもしれない)、どんどん好きなだけ歌ったら良いとは思いますけれど。
 そんな「アンプ嫌い」で、今ひとつ「歌もの」に惹かれないわたしが、アンプの上に座って弾き語りするストリート・ミュージシャンに足を止めてしまいました。藤田一道さんという方です。

弾き語りギタリスト藤田一道さん@新宿駅東南口
“弾き語りギタリスト藤田一道さん@新宿駅東南口”の続きを読む