『イラクは食べる―革命と日常の風景』酒井啓子


400431125X イラクは食べる―革命と日常の風景 (岩波新書 新赤版 1125)
酒井 啓子
岩波書店 2008-04

 イラクをご専門とされる国際政治学者酒井啓子氏による、最新イラクリポート。
 「シーア派・スンナ派・クルド人」などという単純な図式でイラク情勢が切れるわけもなく、宗教・宗派ではなく単なる諸政治勢力の混沌としたパワーゲームが支配していることが示されているのですが、もう、余りにも複雑になりすぎて、簡潔にまとめられているであろう新書本であるにも関わらず、ここにざっと図式を書き出すこともできません(笑)。パラパラと読み返して、ポイントを一つ搾り出そうかと思ったのですが、それすら難しいです。「シスターニーすごい」とか、子供みたいな感想ばかりです。
 『イラクは食べる』というタイトル通り、本書の構成は「シーア派諸勢力」「スンナ派諸勢力」などについての各章の冒頭に、それぞれの地域や人々に密着した料理が紹介され、その由来やレシピが添えられています。食べ物の話は必ずしも内容と自然に連続しておらず、本論に入るとやはり一般的な政治情勢の文体が支配しています。
 それでもこうした構成を採用されたのは、「混沌とした情勢の中でも、人々は食べ、日々を生きているのだ」という生活感を、少しでも伝えたかったからでしょう。状況が込み入っていればいるほど、外部にいる人間はその分析に振り回され、Excelで組織関連図を作るような発想に嵌っていくものです。しかし、どんな組織も実体は生きた人間であって、その人間が毎日食べなければならないのは、どこでも一緒です。
 イラクに密着して仕事されている酒井氏にとっては自明なはずのこうした「地続き」感が、なかなか伝わらないもどかしさから、敢えて試みたものではないのか、と推測されます。

 「思想」的には必ずしも同調できるところばかりではなく、自衛隊の派遣が酷評されている下りには違和感も覚えます。違和感というのは、同じ「生きている」感というなら、とにかく派遣されてしまった軍人の息遣いも考えて欲しい、という意味です。不十分とはいえ、軍人一人ひとりの「お上品さ」では、自衛隊は米軍よりずっとマシだったはずです。
 もちろん、お飾りの「海外デビュー」のために軍を出したことは滑稽だと思いますし、それくらいならお金だけバラまいた方がマシでしょう。実際、現地で期待されているのはインフラ整備であって、軍隊そのものではありません。お金が必要な人にお金を出すことの、どこが恥ずかしいのでしょう。
 どうしても自衛隊を出してカッコつけなければならないのなら、その本来の役割をさせるべきでしょう。軍隊なのですから、殺したら良いのです。
 ソマリアでもアフガニスタンでも、好きなところに行ってアメリカ人と一緒に戦争したらよろしいでしょう。その痛みに国民が耐えられないなら、軍を出すべきではないし、出すなら出すで腹を括るべきです。カッコつけるというのは、そういうことです。
 軍隊のくせにキンタマ付いてるんだか付いてないんだかわかんないような態度を取られると、本当にイライラします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする