やりたいこと、なすべきこと、できること


 大昔に知人がミニコミ誌に登場し、そこで「やりたいこと、なすべきこと、できること、どれを基準に行動するか」といった質問を受けていました(毎回「注目の人物」が取り上げられ、同じ質問がされるらしい)。当時の彼は、「できること」を選んでいました。おそらく、その頃のわたしも同じだったと思います。
 青臭くて、身体中が痒くなります。
 当時のわたしの考えは、「『できること』は、世界とわたしに予め織り込まれた限界である、ゆえにそれこそが神の意志」のようなものだった気がするのですが(狭義の宗教的神を想定する必要はない)、翻せば「できないのも天の采配」という無責任でしかありません。


 一応お断りしておけば、当たり前のように「責任」と口にする世俗的・オッサン的文化はわたしも嫌いです。彼らの最大の過ちは、責任という思想と「自由意志による選択」をセットで考えてしまっていることです。「選んだことに責任がある」、逆に言えば「選択の余地のないことに責任はない」というアングロサクソンくさい発想です。
 「選択の余地のないことに責任はない」? わたしたちは、誰も「選んで」生まれてきたわけではありません。パパとママの気まぐれか、神の意志か、何でもいいですが、とにかく芥川の河童のような問いを経て地上に現れた人間など一人もいません。元を辿ればそこに行き着くのですから、責任のあることなど一つもない、ということになるのでしょうか(実際、そう発言する子供もいます)。
 また、そこまで遡らないでも、人は自分の行動をそれほど自由に選んでいるわけではありません。運命論や「ラプラスの悪魔」のような考えを採るなら、自由意志そのものが存在しないかもしれません。それでも、わたしたちは責任を問われます。
 選択の余地のないものにこそ、責任が生じるのです。
 責任などというのは、取って取り切れるものではありません。会社に大損害を与えて腹を切ったら、何かが解決しますか。あなたの腸なんて誰も見たくありませんよ。それでも腹は切るべきです(もちろん、普通はもうちょっとマシな「責任の取り方」がある)1
 そういう身も蓋もないものが責任というものなのです。「選択の余地のないことに責任はない」などというお上品な仕組みで、主の作り給うた世界は動いていません。責任とは、選んでもいないことを「選んだ」と引き受け、取れもしないのに「取る」と宣言するものです

 話がズレましたが、「できること」を選ばないのだとしたら、何が「正解」なのでしょうか。
 もちろん「やりたいこと」です。
 わたしたちの負っている倫理的義務とは「欲望せよ」というものです。「やりたいこと」をやって(それを「わたしがやりたいこと」と根拠なく引き受け)、生じたことに謂れなき「責任」を取れ、というものです。
 「やりたいことなんてないよ」という子供がいますが、やりたいことなんてみんなないんですよ。
 「やりたいこと」が、文字通り心の内側からジワジワ~と生じてきて「やりたい!どうしてもやりたい!」となるとでも思っているのですか。そういう風にうまくいくこともありますが、普通は世間で「これがやりたいこと」とされていることにテキトーに同一化して従っているだけです。
 もし自覚していなかったのなら、大変ラッキーなことですから、ここに書いていることは速攻忘れて「やりたいこと」に戻ってください。「やりたいこと」がなくて困っている人は、「30代未婚女性」「20代ゲーマー」なんでもいいですから「コレかな」というカテゴリーを選んで、雑誌か何かで「やりたいこと」を探してみましょう。ネパールに行かないでも本屋で売ってます。
 「そんなのわたしのやりたいことじゃない!」ですか? 「やりたいこと」なんてないんじゃなかったの? ないから選んであげたのに、どっちなんですか。

 「やりたいこと」が基準としてどうしてもしっくり来ないなら、次善の策として「なすべきこと」を選ぶ方法もあります。
 「やりたいこと」も、元を辿れば「欲望せよ」という「義務」から生じるものだからです。ただ、これを「義務」と感じてしまうと、一般的にはうまく欲望できません。ですから「やりたいこと」が推奨されているのですが、逆に「やりたいこと」の方が馴染めないのなら、「義務」として実行するのも可でしょう。
 個人的に、「任務」「使命」といった言葉に非常に弱い性質なので、「汝なすべし」を基準に行動していることが多いです。万が一欲望に負けて義務が果たせなかったとしても、それはそれで神の命令には従っているので、倫理的セイフティ・ネットの行き届いたメソッドと言えるでしょう。
 「なすべきこと」も見つからない?
 三日くらい断食して滝に打たれれば、自然と神の命令が聞こえるはずですが、どうしてもという方のために、わたしが主から預かった使命をあなたにも命令してあげます。
 歯を磨いて、仕事に行きなさい。仕事がないなら、今すぐハローワークに行きなさい。明日ではダメです。帰宅後は、家族がいるなら、そのために食事を作りなさい。いないなら、筋トレして部屋の掃除をして寝なさい。ストレッチは忘れないように。以上。

『やりたいことをやれ』 本田宗一郎 『やりたいことをやれ』 本田宗一郎

関連記事:
「「身体で覚える」というよりはむしろ「身体が覚える」」
「『私家版・ユダヤ文化論』内田樹」
「ムッソリーニ、人種、自由」
「スラヴォイ・ジジェク『人権と国家』、寛容と自由」
「待つ自由、諦める自由、丸神頼之の選択」
「自由意志、自己決定、「他者を手段としてのみならず同時に目的として扱え」」

  1. 腹を切るのが本人の責任、止めるのが周囲の責任 []

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする