ムーンライトマイル アニメ放送

Pocket

 宇宙開発フェチにはたまらないコミックムーンライトマイルアニメ放送がスタートしましたね。3/3よりWOWWOWで深夜1時から、とオトナな放送枠。
 決まった時間にテレビを見る、という習慣がまったくないので、いきなり見逃しました
 と、思ったら、昨日何気なく流していたケーブルテレビで第一回放送がっ!


 土曜深夜1時、月曜深夜4時30分、木曜深夜0時30分、と三回放送枠があるようです。4時30分ってすごい時間ですね・・。
 最近はマンガもあまり読まなくなったのですが、コミックスは連載開始当初よりチェックしていました。
 リアルな「工業」っぽい宇宙開発がイイです。
 もちろん、所詮はマンガですから、本当にわかる方から見ればウソくさいところはいっぱいあるでしょう。また、時々浪花節すぎというか、マッチョでついていけないこともあるのですが、全般的にはかなりラヴです。
 原作が素晴らしいだけにアニメになったらどうなのかな、と思ったのですが、第一回放送を見る限りなかなか落ち着いたトーンで良い感じ。吾郎はもうちょっと汚い感じがいいのに、とか、細かいところは注文もありますが。
 ただ、あの戦闘機のCGはどうも受け付けません。
 アニメファンの方は、ああいう風に伝統的な動画とモロCGが混ざっていても違和感ないものなのでしょうか。
 多分慣れの問題で、たびたび目にしていくうちに何も感じなくなってしまうのでしょうが、たまにしかアニメを見ない人間としてはゲームみたいでちょっと引いてしまいます。
 少なくとも原作は間違いなく面白いと思います。
 ロボットものなど、既存のSFに抵抗のある人にこそお勧めです。
 宇宙開発と言えば次世代有人宇宙船開発、ロシアとアメリカに見る対照的な設計思想という記事をさっき読んだところですが、アメリカとロシアで次世代宇宙船のスタイルが「入れ替え」みたいになるようですね。
 ロシアのシャトルが丸っこくて可愛いです。
『MOON LIGHT MILE 14 (14)』 太田垣康男『MOON LIGHT MILE 14 (14)』 太田垣康男
関連記事:
『アメリカの宇宙戦略』明石和康

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする