イソフラボン液に徳用が

Pocket

 ハイドロキノンと一緒に買った大豆イソフラボン液ですが、知らない間に徳用ボトルが出ていました。
イソフラボン


 送料無料にするため、いつも大豆イソフラボン液×2とハイドロキノンを一緒に買っているので、丁度良いサイズ・お値段です。
 こちらはボディ用化粧水に使っています。
 グリセリンと一緒に
大豆イソフラボン液1 : グリセリン1 : 水8
 の割合で混ぜてシャカシャカするだけで出来上がり。特別乾燥肌の人でなければ、これだけで乳液も要らないのではないかと思います。作り方は手作り大豆イソフラボンムダ毛抑制ローションの作り方などにも書いています。
 市販のボディ用化粧水や乳液に比べるとずっと安上がりに余計なものが入っていない美容液が作れます。ただし保存料は入っていないので、冷蔵庫に保存するのを忘れないでくださいね。
 ところでこの大豆イソフラボンムダ毛抑制ローション、理屈としては女性ホルモン類似物質が体毛の抑制に繋がっているということですから、逆に男性ホルモンの過剰による薄毛に効果とかないのしょうか。大豆「イソフラボン」唐辛子「カプサイシン」に発毛促進作用という記事もあったので、気休めくらいにはなるのかもしれません。まぁそんな単純なものではないでしょうけれど・・・。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする