その後のシュウウエムラ クレンジングオイル

Pocket

 「シュウウエムラ ハイパフォーマンス・バランシング・クレンジングオイルとアトリエメイドは同じ?」で書きましたが、シュウウエムラのアトリエメイド・クレンジングオイルを使っています。
 もうすぐ一本目を使い切るのですが、リピートしようか考え中です。


 口コミで時々指摘されていて、わたし自身も最初少し違和感のあった匂いですが、これは全然気にならなくなりました。
 前にも書きましたが、とりたてて「油くさい」というほどではないです。慣れてしまうとむしろニュートラルです。
 迷う理由は、洗浄力です。
 ちゃんと乳化させてから落としているつもりなのですが、辛抱が足りないのか(笑)、マスカラがちゃんと落ちなかったり、流れたマスカラの色が目の近くに残ってしまったりするんですよね。肌への負担が軽い分、洗浄力はやや抑え目な気がします。
 だからといってあまり肌に置き過ぎたり擦ったりというのは良くないですから、軽くふき取り洗顔してからオイルクレンジング、という手順にしています。
 スキンケア的には間違いなくこの2ステップの方が正解です。
 ですから、ヘンに強力なクレンジングオイルに手を出すより、ふき取りしてからやや軽めのシュウウエムラでクレンジング、という今のやり方は結構なのですが、正直、疲れていたりすると手を抜きたくなるんですよねぇ(笑)。
 こうして書いてみたら「やっぱりふき取りしてからオイルクレンジング!」という気がしてきましたが、ゾンビ状態対策にファンケル マイルドクレンジングオイルも再キープしておくかもしれません(笑)。
 ちなみに、わたしが最近使っているふき取り洗顔はコレ。
資生堂洗顔専科パーフェクトパフ(32パフ)洗顔専科 パーフェクトパフ
 普通のドラッグストアものですが、パフが厚手で優しい使い心地です。
 厚すぎてちょっともったいない気もしてしまうのですが(笑)。
 念のためですが、いくら疲れていてもふき取りのみはNGですよ!
シュウウエムラ アトリエメイド クレンジングオイル 楽天最安を探す

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする