目の下の微妙なしわに効いたのはプラセンタかコラーゲンか

Pocket

 実を言いますと、目の下に微妙~なしわができはじめて、非常に気にしています。


 現時点では常にあるというわけではなく、やっぱり疲れがたまったときなどに顕著になります。
 秘伝の技を駆使してごまかせる範囲ではあるのですが、ごまかしはやはりごまかし。今のうちに根本から手を打ちたいところです。 そういうわけで、予防アンチエイジング系にますます力が入っているのですが(笑)、最近割りと調子が良いです。わたしは平日の平均睡眠時間は3、4時間くらいで、金曜ともなるとかなり疲労がたまっているはずなのですが、そういう朝でも見てわかるようなラインが浮いていません(夜は知りませんがw)。
 最近スキンケア関係で変えたものといえば、ジャパンギャルズのイオン導入器に代えたこと、コラーゲンを明治製菓のアミノコラーゲンにしたことくらいです。
 イオン導入自体は以前からラメンテでやっていますし、コラーゲンもファンケルのものは続けていました。量の違いはあるでしょうが、決定的というほどでもない気がします。
 大きく違うとしたら、イオン導入に使っている溶液をビタミンC誘導体主体からプラセンタに代えたことです。
 前にイオン導入に使っていたのはトゥヴェールのビタミンC誘導体とヒアルロン酸による手作り化粧水。今も化粧水はコレで、とてもおススメなのですが、どちらかというと美白系で、アンチエイジング寄りではありません(ニキビで困っているヒトは絶対試してみて欲しいです)。
 ジャパンギャルズのイオン導入器はビタミンC誘導体美容液とプラセンタ美容液のどちらかがセットになっています。ビタミンCは上のものを愛用しているので、せっかくだからやったことのないプラセンタを選んでみたのです。プラセンタはご存知のように強力なアンチエイジング素材として有名ですから、これがしわに効いているのかもしれません。
 スキンケアは食生活のコントロールと合わせて総合力で効果を発揮するものです。ですから、これ一つで決定的に効果があったかどうかははっきりしないのですが、そこは所詮文系、原因はわからなくても終わり良ければすべて良し!です(笑)。
 確か前に、ピロリ菌除菌を保険対象とするための治験が、非除菌群の候補者が集まらなくて断念せざるを得なくなった、といったニュースがあったような気がするのですが、まぁ下々のものはどんな理由であれ効果が得られる方を選ぶものです。人間小さくてすいません。
>プラセンタ美容液 楽天最安を探す

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする