ファンケル アイライナーペンシル

Pocket

 「今なぜキチンキトサンか」に続いて、今回注文のファンケル製品ご紹介。
 アイライナーペンシルです。


 スキンケア関係やサプリメントではピンポイント活用しているファンケルですが、コスメを使うのは初めてかもしれません。
 わたしのアイライナーの使い方は二通りで、一つはペンシルアイライナーでまつげの生え際を埋めるように使い、もう一つは筆ペンタイプで普通に描いています。このうち前者の使い方は、地味ながらかなり効果がかるのでなかなかお勧めなのですが(笑)、いつもはIPSAのペンシルアイライナーを使っていました。
 ただなかなか減りも早い上、なかなかのお値段です。100円ショップのペンシルアイライナーなども使ったことがあるのですが、これはこれで不安です。気分的に冴えない上、使う場所が場所なだけに身体に悪そうです。まぁ、何を使おうが、まつげの生え際を鉛筆でなぞったりすることが身体に良いわけがないのですが(笑)。
 というわけで、今回ファンケル ベルメールのペンシルアイライナーを購入したのは、純粋に経済的理由が一つ、それから「なんとなく身体に良さそう」というイメージです。レフィルのアイライナーペンシルが577円、ペンシルホルダーが735円ですから、価格的にはIPSAと100円ショップの間をとった感じです。
 使用感はまずまずです。
 IPSAよりはやや固く細いペンシルです。ただ文字通り鉛筆の形をしたタイプなどでは芯が柔らかくて粉が出過ぎ、目に入る上落ち易かったりしますから、程よい固さではないかと思います。
 固いので発色が悪いかな、と思ったのですが、そんなことはありません。まつげの間を描く時は、下を向いて描いている時はうまくできていないように思えても、正面から見るとそれなりに入っていることがよくあります。アイライナーはあくまでアイライナー、アイカラーやマスカラと協調して、最終的にベストな状態を作ることが大切ですから、やりすぎないことの方が大切です。
 ただ、IPSAの「抑えめにキラリ」な発色に比べると、華がないような気はします。所詮アイライナーですからそんなに極端な違いがあるわけではなく、単なる気のせいかもしれませんが。
 目に優しいかどうかはよくわかりませんが、地味ながら堅実なアイライナーペンシルです。
 マイルドクレンジングオイルなどをお使いの方なら、ついでに試してみるのも吉です。
 

アイライナーペンシル[レフィル]
577円
アイライナーペンシルホルダー735円

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする