手作り大豆イソフラボンムダ毛抑制ローションの作り方

Pocket

 「手作り保湿クリーム」で取り上げた化粧品原料センケンで、一緒に大豆イソフラボン液を注文してみました。
美肌、ムダ毛抑制に、イソフラボン液50g 大豆イソフラボン液 2,000円
 丁度ボディーローションが切れかけていたので、ついでに手作りしてみることにしたのです。
 脚や脇はレーザー脱毛しているのですが、腕は剃るだけです。以前はスローグローを愛用していたのですが、最近は放置ぎみだったのでついでに抑毛効果のあるローションに切り替えることにしました。
 作り方は簡単です。大豆イソフラボン液5mlと薬局などで売っているグリセリン5mlを精製水50mlとよく混ぜるだけです。100円均一のボトルなどに入れて、よく振って下さい。使う前は毎回振って混ぜてからの方が良いでしょう。本当に簡単です。
041218_0902~001.jpg
 なんだか魔女の台所のようです。茶色い遮光ボトルが並んでいる我が家の冷蔵庫は、かなり怪しい雰囲気です。
 ベタつかないするっとした感触で、使い心地は上々です。抑毛効果についてはまだ使い始めたばかりでわかりませんが、一つ予想外の効果がありました。
 わたしは冬場は皮膚が乾燥してあちこちが痒くなり、乳液タイプのボディクリームを使っていることが多いのですが、意外とこのローションだけの方が潤いが持続している感じがするのです。普通の乳液では止まらなかった痒みもおさまっています。もしかするとボディクリームに頼りすぎていたのがいけなかったのかもしれません。ちなみに尿素も薬局で普通に売っていますから、混ぜるだけで簡単に「尿素配合ローション」が作れます。
関連記事:「手作り保湿クリーム」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする