植物と動物を行き来する生物? 「ハテナ」

Pocket

 久々に素敵ニュースがありましたね。


 asahi.com「不思議な微生物、藻食べて植物に大変身 名は「ハテナ」より。

 光合成のもとを食べて植物に大変身――。緑藻の仲間を細胞内に取り込み、光合成能力を獲得する不思議な単細胞生物を、筑波大の岡本典子さんと井上勲教授が和歌山県と福岡県の砂浜で見つけた。「ハテナ」と名付けた。( ・・)
 ハテナは鞭毛(べんもう)虫の一種で、大きさは100分の3ミリ程度。無色のものは口のような捕食器官を持ち、特定の緑藻の仲間を細胞内に吸い込む。この藻は細胞内で共生、緑色になったハテナからは「口」が消え、光合成をするようになっているらしい。
 緑色のハテナは、緑色と無色の二つの細胞に分裂して増え、共生する藻は緑色細胞にだけ受け継がれていた。もう一方の無色細胞にはやがて捕食器官ができて、藻を取り込むようになる、と考えられている。
 一般の植物で光合成を担っている葉緑体は、太古には独立した藻類だったとの学説が有力。ハテナの発見は、植物の祖先が藻類を取り込んでいった様子をうかがわせるものだ。

 こういう面白い科学ニュースを見たときにわたしが真っ先にチェックするのがDo you think for the future?さんです。アクセスすると速攻「ハテナは何者?」というエントリが立っていました。もぅ、頼りになるわ~♪
 いつもながら素晴らしく豊富な知識をバックグラウンドに冷静沈着な分析を加え、さらにイイ感じのツッコミを入れてくれています。今回は「半草半獣」という表現に注目されています。
 「獣というのは哺乳類を指す言葉だと思っていたのだが?」と微妙なところに疑問を抱きながら、「半植半獣」という表現を発見した研究者自身が使っているらしいことに触れ、それでも「半植半獣」と「半草半獣」は少し違うのでは、と指摘。こういう文学部出身のO型てんびん座には考えもつかないところに注目しているところに惚れます(笑)。
 個人的に気になるのは、やっぱりはてなに「はてなダイアリー – ハテナとは」というページができるのかなぁ、という辺りでしょうか。
ミトコンドリアの謎 ミトコンドリアの謎
「お、そういえば」と思って探してみたら本棚にコレがあったのですが、正直全然内容覚えていません(笑)。すいません。
なんか大分前にミトコンドリアが流行ったことありましたよね~。
流行るもんじゃないでしょ、という気もしますが・・。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする