道の歪み


廃屋

夜の交差点

道の前には、現実的なものがあった。常に既に失われたものとして。
わたしたちは、地上に線を引いた。
今や線以外の何も見えないが、道が正しく道であるのは、物質の欲望に忠実な時だけだ。

道が歪んでいる場所には、神の欲望の痕跡がある。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする