コンビニ年賀状印刷の料金

Pocket

 昨日年賀状のいのししのことを書いていて、なんとなく主要コンビニ各社の年賀状印刷サービスを比較してみることにしました。


 ・・と思ったのですが、年賀状印刷サービスの仕組みが思った以上に複雑なことが判明。
 枚数・カラー・デザインで料金が変わるのはもちろんですが、早期申し込み割引やカスタマイズの程度も料金を左右しますから、とても単純に価格比較できません。
 とりあえずモノクロ10枚の価格(ハガキ代込み)を列挙しておきましたが、選べるデザインもコンビニによって異なりますから、あくまで参考程度にしてやってください。
セブンイレブン
 2,180円 複数申し込み割引2,075円
 11月30日まで10%割引
ローソン 料金表
 1,999円(15%割引後)
 11月30日までは15%割引
 複数申し込み200円割引
 ローソンパスボーナスポイント 200ポイント
ファミリーマート
 1,785円(ハガキ代別?)
 11月2日まで20%割引
 複数申し込み210円引き
 抽選で3名にPSP(R)『プレイステーション・ポータブル』(PSP-1000)、50名に『ファミリーマート専用プリペイドカード』が当たる
サークルK 料金表
 1,999円(割引後)
 12月3日まで15%割引
 複数申し込み210円引き
 インターネット割引10%
ミニストップ
 2,012円(割引後)
 どのコンビニのサイトも地域の選択から入るのですが、これは地域によっても料金が異なるということでしょうか。
 数字だけ見るとファミリーマートが割安に見えますが、料金表だけではハガキ代が込みか別かよくわかりません。相場から言って別のように思うのですが、一目でそれとわからない作りであること自体、個人的にマイナスポイントです。
 また、セブンイレブンも最初割安に見えたのですが、単にハガキ代別の料金が掲示されているだけでした(ハガキ代別の旨はわかりやすく表示)。
 早期申し込みサービスは、ファミリーマートが11月2日までなのに対しサークルKは12月3日まで15%割引と頑張っています。一方、ファミリーマートはPSPが当たるなど「お年玉」サービスで売っています。
 コンビニではないですが、ちょっと注目しているのがFedEx Kinko’sです。
 最低申し込み枚数が20枚になりますが、11月10日までなら印刷料金30%引きで20枚1,764円、ハガキ代20枚分をプラスしても2,764円、さらにwebから申し込むと10%割引とのこと。
 職場か自宅の近くにKinko’sがないと郵送料が必要になってしまいますが、会社のすぐそばにあるわたしとしては、有力候補の一つです。問題は20人も年賀状を出す相手がいないということでしょうか・・・。
 料金表のページに直リンしようとして全然本質的ではないことに気付いたのですが、セブンイレブンとサークルKは年賀状サービス申し込みサイトのディレクトリ構成やファイル名がほとんど一緒ですね。両方ともASP.NETで作っていますが、これはサービス請負先が同一だったりサイト作成業者が同一等、何か理由があるのでしょうか。デザインもほとんど同じなので、利用者としてはわかりやすくて結構ですけれど。
 両社については、SESSION変数か何かを保持しているらしく、料金表ページのアドレスを取ってもブラウザを閉じると無効化してしまいました。もっとRESTでお願いしますよ。
 なんだか全然役に立たないまとめですいません。
 一から自分で作るのが一番なのですが、年々そういうパワーがなくなっています・・・。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. aca tathuya より:

    こんばんわ、ちょくちょく読ませて頂いてます。
    ファミマの料金表は困りましたね^^;はっきりと表示して欲しいものです。
    何故かソフトバンクの¥0広告を思い出しました・・・
    しょうもない書き込みですいません^^;失礼します。