大きすぎる愛

Pocket


 滞在先で興味深いビデオクリップを目にした。
 少女が自分の身長ほどもある大きなハートのハリボテを抱えて街角に立っている。天真爛漫な笑顔で行き交う人々に”Hello”と話しかけるが、ハートを携えた姿は滑稽で、誰も相手にしない。お店にも入れてもらえず、移動も一苦労。次第にハートは小さくなり、彼女の表情から笑みが消えてくる。
 すっかり日が暮れ、すっかり小さくなったハートを持ってしょんぼりしている彼女に、一人の男性が声をかける。一緒にコーヒーを飲み、男性は彼女を送って別れる。
 翌日、また大きくなったハートを抱えて彼女が同じ場所に立っている。昨日の男性が角までやってくるが、その姿を見て引き返してしまう。彼女は道行く人々に微笑みかけている。
 正確にarticulerできないなら、むしろ何も言わない方が適切なほどに絶妙。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする