てんぷら油とサラダ油は実は同じものではないのだろうか

Pocket


 某所で見つけた「暮しの手帖」のポスターです。
 素晴らしいです。
 ほんとは写真とっちゃダメなので、場所は内緒(笑<調べればすぐわかりますよ)。
 暮しの手帖社のサイトも最高です。とにかくこのフォント、書が秀逸すぎます。


 文字通りの内容はもちろんどうでもいいのですが、一応気になって調べてみたところ、サラダ油とは「炒め物や揚げ物はもちろん、ドレッシングなど、生で冷やして食べるのにも適している食用油」「精製を念入りに行い、低温で凍らないように作る」「軽く、淡白な風味が特徴」とのこと。
 一方、てんぷら油とは「揚げ物に向くように作られている」「加熱したときに劣化しにくい性質を持つ」「コシが強い油で旨味のあるのが特長」だそうです。白絞油とも呼ばれます。
 基本的な製造方法・性質は同じなので、サラダ油で揚げ物をしても問題ありません。
 ちなみに、アマゾンで一番売れている暮しの手帖の本『おそうざいふう外国料理』。タイトルからして魅力的ですが、出版年を見るとなんと1972年です。これがナンバーワンというのが既に尋常ではないです。
 レビューでも「ボロボロになるまで使いました」とオールドファンが絶賛しているのですが、アマゾンには画像がありません。さがしてみたところ、こんな本でした。
暮しの手帖
暮しの手帖
暮しの手帖
暮しの手帖
 か、かわいい・・。
 これは確かにボロボロになるまで使いますわ・・。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする