激情家は一生激情家なのか

Pocket

 まだアルコールが抜けきっていないのですが、敢えて抜け切らないうちに証拠を残しておきます。
 お酒が入るとほんにゃら良い人になることが多いのですが、今日はまた大変な失敗をしてしまいました。
 自分にとっては大きいけれど世間にとっては瑣細なこと、世間全体と個人の関係、わからないことばかりながら、それでも最低限踏ん張るべきラインというのがあるはずです。
 それもわきまえられない自分は、ただただ未熟というより他にありません。
 日々淡々と生きます。そしてそれこそが自ら真に望んできたはずのこと、という自明事を、忘れないように刻んでおくだけです。
 天のお父様、素晴らしい友人、知人、そして出会いに心から感謝いたします。
 この身に余る幸福にあって、なお生き続ける苦しみを、甘んじて受けることをお許し下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする