アラビア語学習のpodcast


 最近気に入っているアラビア語学習のためのpodcast。

ArabicPod

 動画もあります。

 フル動画やスクリプトを入手するには登録が必要ですが、podcastを利用するだけなら登録も不要です。
 先生と生徒の対話形式の講座で、ノリはかなりカジュアル。初歩的な内容がメインですが、ブリティッシュ・イングリッシュでかなり聞き取りやすいです。
 純粋にアラビア語の勉強、ということでも楽しいのですが、「英語圏の人はソコにツッコむのかっ」なポイントも面白いです。
 例えば、「ハル・タサーイドゥニー هل تساعدني」という「Will you help me?」みたいな意味のフレーズがあって、「ハル」はyes/no questionを作る疑問詞、「タサーイドゥ」は「help」、「ニー」は「me」みたいに説明されていくのですが、生徒が「え、じゃぁyouはどこ?」と質問するのです。もちろん、先生は「it’s a complicated problem」と大喜び(笑)。
 アラビア語に限らず、動詞の活用が厳密な言語を学ばれた方はおわかりでしょうが、「タサーイドゥ」という動詞だけで、既に二人称・男性・単数・未完了という情報が入っています1。英語圏の先生は「hidden subject」のような説明をされていました。
 日本語ネイティヴの場合、逆に主語が明示されないことに慣れてしまっていて、人称が違う表現をしようとして初めてハタと気づく、という形になるのではないでしょうか。同じ「hidden」でも、アラビア語の場合は動詞の活用という形で明示されているのに対し、日本語では文が主語なしで成り立つケースが多いため、まったく意味が異なります。

 ちなみに、「英語で第三言語を学ぶ」というのは、英語のリスニング力を鍛えたい方にもオススメです。
 語学講座で使われる英語というのは、内容が内容だけに基本的なものが多いですし、ネイティヴにとっては堅苦しかったとしても、「お勉強」で英語を学んだ日本人にはわかりやすいことが多いです。脱線やジョークがあっても、お上品な場合がほとんど。映画のように「とんでもない早口スラングで全然ついていけないっ」ということはありません。

 さらに余談ですが、イギリスという国はさんざんアラブでアコギなことをやった割に(特にパレスチナ)、結構アラブ世界とうまいことやっているようですね。色々な事情で本国にいられなくなったアラブ人にも人気らしく、ロンドン郊外にイギリスを標的にしたテロの拠点が作られてしまったりもしているそうです(もちろん、ほとんどの在イギリスアラブ人は「普通の人」でしょう)。
 それに比べて、アラブとの縁ではより深いはずのフランスは、植民地の後始末の仕方があまりスマートでなかった気がします。

  1. 厳密には、三人称女性単数未完了も同型のため、この単語だけでは弁別できない []

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする