『パーフェクトC#』

Pocket

 読んだのはもう大分前になるのですが、今でも活用しているのでご紹介しておきます。
『パーフェクトC#』 醍醐竜一 斉藤友男 技術評論社


 C#本では『新プログラミング環境 C#がわかる+使える』をお薦めしましたが、これは言語仕様に的を絞った書籍です。
 『パーフェクトC#』にももちろん言語仕様についての解説はあるのですが、比較的淡々と紹介してくだけで、『新プログラミング〜』のような「読ませる」ノリではありません。
 むしろ中盤以降のライブラリ解説がポイントです。
 .NETを理解してくためには、言語仕様とライブラリの知識が車の両輪になると思うのですが(他の言語でも一緒でしょうね)、このうち後者を抑えるのに丁度良い書籍です。言うまでもなくMSDNをさまよう必要はありますし、実際書いていればイヤでもそういうことになるのですが、ざっと全体を眺めて「土地勘」を養うにはやはり紙の本が便利だと思います。
 こういった本は普通、傍らに置いてレファレンスに使うのかもしれませんが、逆にそういう用事ならMSDNの方が便利です。何はともあれ通読してみることをお勧めします。わたしは一時期毎日電車の中で読んでいました。ただ厚さが厚さなので、読書というよりは腕のトレーニングに近いものになってしまう欠点がありますが……。
 一番スッキリしたのはデリゲートの説明です。わたしはデリゲートという概念がなかなか理解できず、イベント定義などでは呪文のように書き写していたのですが、この説明でやっと整理がついてきました。
 図解も多いのですが、こちらはあまりアテになりません。せっかく図にしているのに、むしろ地の文の方がわかりやすいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする