クイーンズ卑弥呼と大きいサイズの靴


 夏向けでかつ会社に履いていける靴が少ないなぁ、と思いつつクイーンズ卑弥呼を覗いてみたら、丁度セールで、パンプスを一足買ってしまいました。

クイーンズ卑弥呼のパンプス

 サイズが25の上、甲が微妙に高いらしく、いつも靴探しには苦労させられます。クイーンズ卑弥呼はサイズが豊富で助かります。踵がオープンのバックストラップを探していたのですが、セール品では可愛いものがなくて(セコイ)、踵のフィット感が丁度良かったこの靴に決めました。オープンサイドでこの時期は気持ちいいです(でもやっぱり靴擦れした・・涙)。
 クイーンズ卑弥呼以外で大きいサイズの靴が優秀なのは、ネオリズムとか、銀座かねまつ何かも結構大きくて可愛い靴があります。渋谷の西武とかは普通のデパートとしてはサイズがある方ですね。
 大きい靴の専門ショップでは、新宿のテン吉祥寺のタルサタイムに行ったことがあります。テンは安くて種類も多いのですが、今ひとつ可愛い靴がないのが難点。タルサタイムは、テンに比べるとデザイン的に良いものが多いですが、全体的な点数ではテンより少ない気がします(一度しか行ったことがないのであやふやですが・・)。
 ネットショップだとイーシューズShose-Fあたりは26くらいまでの靴がよく揃っています。

 それにしても、日本のレディス靴はどうしてこう24.5でパッキリ打ち止めなのでしょうね。最近は以前よりは大きい靴も見かけるようになりましたが、地方の方などは大変なのではないかと思います。
 デパートの「大きい靴コーナー」等は見事なまでに可愛い靴がないですし、セールの時は売り場確保の為に撤去されていたりします。セールになると履ける靴がなくなるという面白すぎるシチュエーションです。
 我が家には「行けるか!?」と思って買ってみて、結局足が痛くて断念した24.5の靴が山ほどあります・・・。

「NEORHYTHM(ネオリズム)のパンプス」
「ヘンケルス角質削りの使い方」
「ヘンケルスとハイドロキノンで角質の色素沈着を取る方法」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする