非モテとリア充 想像図


 今日、「非モテ」というのは、「非-モテ hi-mote」と合成語的に分けて発音するのではなく、「シブヤ」のように平坦かやや尻上がりに読む、ということを知りました。
 最初は「紐手」「干物」を連想してしまい、何のことだかわかりませんでした。

 また、「リア充」という言葉も覚えました。
 「リアルで充実」という意味だそうです。
 これも音を聞いた時は「リア獣」だと思い、

リア獣 > リア王 + 獣 > 百獣の王 > らいおん

 というイメージがスパークしてしまいました。

 「干も手」と「リア獣」は、多分こんな感じです。


干も手 干も手

リア獣 リア獣

 「干も手」にも「リア獣」にも、アッラーのご加護がありますように。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする