羊肉のお刺身

Pocket

 昨日は沖縄料理に誘って頂いてしまいました。
 基本的に肉は食べないワタクシなのですが、羊肉のお刺身があると聞いてぴくっとしました。
 羊肉はL-カルニチンを豊富に含むことで知られています。L-カルニチンとはアミノ酸の一種で、脂肪の燃焼を助ける働きがあります。脂肪酸がエネルギーになるためには、細胞内のミトコンドリアに運ばれて分解される必要があるのですが、L-カルニチンは脂肪がミトコンドリアに入る手助けをしてくれるのです。
 主な肉類で比較すると、100gあたりのL-カルニチンの含有量は以下の通りです。
鶏肉4.55〜9.10 mg 豚肉35mg 牛肉(ヒレ肉)59.8 mg ラム(仔羊)肉80mg 羊肉(マトン)肉 208.9 mg
 ちなみに、ラムとは1年未満の羊肉で、臭いがきつくないのが特徴です。マトンは成育した羊の肉で、ラムより栄養成分がさらに豊富です。ビタミンB群が多く含まれるほか、鉄分が多いのも羊肉の特徴です。
 L-カルニチンだろうが何だろうが、ダイエット的には避けた方が賢明なのでしょうが、お刺身ならあっさりしていますし、変わったもの見たさで頂きました。
 思いのほかおいしかったです。もっと臭みがあるのかと思っていたら、別段クセもありません。どなたでも普通に召し上がれます。鹿刺しなどよりもさっぱりしている気がした。きちんと確認しませんでしたが、お刺身にできるくらいなのでラム肉でしょう。
 羊肉は安くて栄養豊富な食材のはずなのですが、スーパーなどではほとんど置いていません。ちゃんとしたお肉屋さんや、外国人の多い地域などでは扱っていることがあります。
 それにしても沖縄のお料理は心が穏やかになります。泡盛も最高です。
 そして再会、というより正確には直接顔を会わせるのは初めてだったデザイナー女史は、とってもグッドバイブレーションで素晴らしい一時を過ごせました。本当にありがとうございました。
 最近出会い運が向上していて幸せです。
君乃家ジンギスカン500g ジンギスカン500g 980円
生ラムのブロック(たれ付) 生ラムのブロック(たれ付) 3,480円

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする