キングゲイナーを映像配信で見る


 突然ですが、ストリーミングで「オーバーマン キングゲイナー」を見ています。
 かつて映画を撮ったりしていたくせに、日頃まったく動画と縁ががなく、アニメどころかテレビも去年まで持っていなかった(現在はほぼブートキャンプ専用機)ので、ものすごい飛躍です。
 ここに至る経緯は、


狩野丈二さんの動画を探した時にYouTubeをグルグルする
・ついでにニコニコ動画にも登録
・噂には聞いていたものの、アニメがすごく多くてびっくりする
・でも、全然知らないアニメばっかりで、見る気がしない
・そもそも最近のアニメ自体見る気がしない(アニメ以外は確かに面白いものがある)
・わたしの好きなアニメってなんだっけ? ターンAガンダム
・でも別に同時期の富野作品って追ってないなぁ
・キングゲイナーってのがあるんだ

 という、風が吹いて桶屋が儲かった流れです。
 絵が嫌いだと一瞬で見る気がなくなるのですが1、キングゲイナーって主人公の機械がいいですね。丸っこいし、髪がドレッドみたいで可愛いです。また、戦闘などの動きの絵がとてもキレイな気がします。アニメの技術的なことはよく知らないので、どうしてこういう違いが出るのかは分からないのですが・・。
 それから、オープニングの歌が最高です。「ターンA」も西城秀樹さん熱唱のめっちゃ「アニソン」ですが、キングゲイナーもムダに熱いです。映像もみんな踊っていて楽しいし、みんなで歌いながら踊ったらものすごいハイになれそうです。
 お話もターンAと一緒でどこか牧歌的だし、癒されます。Zガンダムと同じ人が作ったとは思えません。
 ゴリゴリの富野監督ファンやファーストガンダム至上主義な方々にはあまり人気がないのかもしれませんが、作品としてはターンAに次いで優れた「安らぐエンターテイメント」に思えます。
 個人的には、ゲイナーが世界中に愛の告白を「放送」してしまう場面が好きです。敵が「シベリア鉄道」というのも、スケール小さくてステキ。夜逃げを電鉄会社が追いかけるのですから、すごいアニメです。シベリア鉄道の冴えない二人組みも可愛いです。
 アスハム・ブーンがキッズ・ムントと対決する場面もバカバカしいです。走っていって殴っていますからね。しかもキッズが、総裁のくせにただのデブじゃなくて喧嘩が強いところが大変よろしい(笑)。

 最初はものは試しでタダで見られそうなものを探したのですが、世の中そんな甘くないようですし、DVDを借りるのも面倒。というわけで、生まれて初めて有料の映像配信なるものをツタヤDISCASで購入しました。一話105円だし、既に作っていたDISCASのアカウントで見られたので、敷居が低かったです。近所に安いレンタルDVD屋さんがあればもっと安く見られるのかもしれませんが、全話見ても映画二本分にもならないですし、好きな時に好きなリズムで見られる方が嬉しいです。
 画面がちっこいのが悲しいですが、よく考えるとウチのテレビは14インチ。マシンのモニタより小さいです。まぁ、どうせ立派なAV環境があるわけでもないので、これで十分です。

 わたしの中では富野監督作品はターンAがすべてで、これにはやはり及ばないのですが、グッタリしている時でもお気楽に楽しめる娯楽が手に入って嬉しいです。というか、忙しい時に限ってこんなもので睡眠時間を削っているのは、完全な逃避ですが・・・。

『オーバーマン キングゲイナー 5.1ch DVD-BOX (期間限定生産)』 バンダイビジュアル オーバーマン キングゲイナー 5.1ch DVD-BOX (期間限定生産)

  1. ちなみに、巡回するブログを選ぶ基準でも、デザインが決定的です。別にカッコイイデザインがどうとか、ユーザビリティがうんちゃらという意味ではなく、パッと見た瞬間に「気持ち悪い」と思ってしまうと、内容がどんなに興味深くても絶対読めません。ものすごい非理性的に動いています []

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする