一方通行のトラックバック

Pocket

 粗食と美食のガストロノミーさんで、リンクや言及のない一方通行のトラックバックが話題になっていました。その中で引用されているいかんともしがたいさんの表現が本当に適切だと思うので、孫引きさせて頂きます。
トラックバックとはホームからアウェイへの招待状のようなもの。
誘われるとうれしいから出かけていくんだけれど、訪問しても自分の記事についてたいした言及もなく、じゃあなぜこんな招待状をよこしたのさ?と凹んでしまう 同感です。このブログも明らかに宣伝目的のトラックバックを打たれることがあり、最近は「関係のないトラックバックは削除します」と明記するようになりました。ただ中にはトラックバックのシステム自体を理解していないのではないか?と疑われるものもあり、バッサリ削除するのが気がひけることもあります。
 また「最新のトラックバック」にトラックバック元は表示されても、どの記事にトラックバックしたものなのかが表れないデフォルト設定への疑問にも、大変共感します。わたしも前々から不満に思っていました。というか、うちはMovableTypeなのですがトラックバック先を表示するタグというのがそもそも存在しないようです。blog質問箱:リーセントトラックバックでもはっきり言っていますから、多分間違いないでしょう。
 eternal transitionの方では、一方通行ぎみにしようという意図もあり、コメントは基本的にクローズ、「最近のコメント」「最近のトラックバック」表示もやめてしまいました。もちろん、個別ページではトラックバックを確認できます。
 コメントやトラックバックは基本的に嬉しいものなのですが、純粋な宣伝や愚劣すぎるコメントなど、時にうんざりさせられることもあります。有用な議論は大歓迎ですが、あまり無理して「どんどんご意見下さいね!」なポーズを取る必要もないでしょう。
 もとより「開かれた議論の場」など軟弱リベラルの幻想にすぎず、その「場」に上がれない者の排除に下支えされています。ブログを持っていない、トラックバックの打ち方がわからない、そもそもネット環境にない、と切り捨てに捨てているわけですから、言葉を交わすこと自体すでに敷居を設けたリングの中のゲームにすぎないことを自覚すべきです。
 「ルールを守れない者はリングに上がる資格がない」などは言葉遊びにすぎず、「許可なく撮影を禁止する」の掲示と変わりありません(果たして「許可」がおりることはあるのか? どこで許可されるのか?)。これは域を設けることを否定しているのではなく、排除の罪を引き受けてなお語るのをやめるな、ということです。
補遺:
と、言ってる先から前にもトラバのあったコイツからこのエントリにトラバがあって、あんまりムカつくのでさらして宣伝してあげます。お前のことだよ、バカ。>やっぱりリンクは解除。言及しているつもりらしいですが、こんなカラミでしょうもない日本語でトラバ打たれると不快なので。
補遺2:
いかんともしがたいさんがトラックバックについて新しい記事を書いて下さいました。今度は留守番電話のたとえです。例え話のうまい人は頭が良いので、感心してしまいました。「トラックバック買い手市場説」も面白いです。うまいなぁ。
『ポータル、プロバイダ別blogデザインカスタマイズ事典』 3,129円

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする