お父様は不眠と無縁 穏やかな眠りのためのアナグマ

Pocket

 前にも話題にした、わたしの大好きな小鳥さんのお父様についての情報が、また一つ公開されました
 お父様の特技は「どこでも寝られること」なのだそうですが、その眠る時のイメージというのが最高に素敵なのです。

「ブナ林の中に大きなブナの木があってね、
その木の根っこに穴があいていて、
落ち葉がフカフカに敷き詰められてるんだ。
自分はアナグマでね、
その穴の中に入って、フカフカの落ち葉に包まれて、寝るんだよ。
だからお父さんは、寝るときは、
『おやすみなさい』じゃなくて、
『今からアナグマになります』って言うんだ」
 なんという詩人ぶり、なんという可愛らしさ!
 本当はもっとコメントを付けたいのですが、今、踊り倒した後でしかも酔っぱらっているので、頭が回りません。
 好き好き、愛してます。
 わたしもしんどい時は、小動物になって眠っている姿をイメージしますが、おそらくは立派な社会的地位もあり、しかもいいお年のお父様がこんな素敵なイメージを抱いているなんて、世の中捨てたものではございません。
 寝るのは本当に大切です。人生の目的は睡眠です。
 結構しばしばうっかり死にたくなりますが、死ぬ前にとりあえず寝てみると思いのほか治ります。
 ヤバそうな時はお父様のことを思い出して踏み止まりますね。
 アナグマかぁ……。
 カピバラもいいけど、アナグマもいいですねぇ……。
 うふふふふ……。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする