入って後悔した風呂と修行メソッド


 年々病的に人付き合いが悪くなっていく自分が一周回って面白くなってきて、いっそ「死ぬまで業務以外で人と会わない」ゲームにしてみようか、などと妄想しているこの頃ですが1、この間の連休は大阪の旧友を訪ねてきました。
 旅が苦手なこともあって、行く直前まではキチンとバッドなのに、会うと不思議なことに楽しいです。
 この感じを、

「大阪まで新幹線乗って何しに行くねん」とスネた気持ちになってしまうのがデフォルトなので、修行だと思って行きます。行けば結局楽しいし。
これは薬に似てるね。
マイナ・トランキライザとか、飲む前は「こんな問題が薬なんかで解決するわけがない!」と思っているのに、飲むとちゃんと解決するし(笑)。でも飲むまで思い出せないんよねぇ。

 とこれまた荒んだ例え話で表現するメールを送ったところ、この「会うとうっかり楽しくなっちゃう」がお風呂に似ている、というお話を教えてくれました。
 文中「僕」がわたしのお友達です。

彼女:友達と遊ぶ約束してたのに、当日になって急に面倒になったりしてさ、
僕:わかるわかる。なんだろうねあれ?自分から約束したときですらね。
彼女:すごぉくイヤな気分で出かけても、結局会って話したりするとそれなりに楽しいんだよねえ。
僕:ああそうだねえ。会えばやっぱり楽しいんだ。ふしぎにね。
彼女:ああいうかんじってさ、お風呂に似てない?
僕:ん?
彼女:お風呂も入るまですげえめんどくさいけどさ、あとで後悔することってないもん。絶対に気持ちいいし。
僕:ほんとだ!すごい!「入らなきゃよかった」ってお風呂はまずないよね。
彼女:っていうことをね、糸井重里が言ってた。
僕:ほぼ日かよ!

 「入って後悔した風呂はない」! 真理です。糸井重里、見直しました。

 わたしたちが< わたし>だと思っているものなど、所詮は語らいの中で生じた儚い渦のようなものですから、別の人と会って別の流れの中に身を置くと、面倒とか「人間嫌い」とか考える< わたし>そのものが別の場所にズレてしまうのでしょう。
 「人間賛歌」なことは口が裂けても言いたくないのですが、同じ種の生き物に出会った時に脳みその奥の方からドバドバ分泌されてくる物質のパワーは凄まじいです。これがデパスの比じゃなく「予想外なキマり方」をするから、驚きます。
 逆にコンピュータに向かって黙々と作業をしていたりすると、自分の内部の感覚が異常に拡大されていきます。「内部」というのは別段高尚なことを言っているのではなく、今朝アイラインが今ひとつキレイに引けなかったのを斜め前の席の女が笑っているんじゃないか、とか、お腹が減ったとか、そういうしょうもないことがグルグル増幅されていきます。わたしだけですか?
 「コンピュータに向かって」というのは、例えばネット越しに何らかの形で「人間によって」発せられた情報を読んでいる時でも同じです。チャットくらいリアルタイムになるとまた少し違ってくるのかもしれませんが、一見広い世界につながっているようで、まるっきり「内側」のままです。Skype越しでも「内的感覚」がフッ飛ぶインパクトを受けることから、コンピュータ自体が悪者なわけではないと思いますが、なまじ「人が書いた」感じがあるだけに罠にハマりがちです。単なるテクノストレスなんちゃらですかね。
 「内的感覚」につかまると、ロクなことになりません。物事深く考えるほど人生の無駄使いはありません。散歩したり筋トレしたり跪いてお祈りしたりしている方がずっと素晴らしいです。VIVA森田療法。

 例によって話がズレました。
 ズレつつも面白いことにうっかり気づきましたが、「内的感覚」から脱出しようと思ったら、必ずしも「他人」が要るわけではなく、筋肉でも良いわけです。筋肉ももう「外」です。お腹が減って過食したり拒食したりするのは「内」です。ネット越しの人間も「内」です。
 筋肉は他人。ここテストに出ます。

 筋肉とかお風呂とか非ネット的人間に共通しているのは、やる直前まで「面倒くさい」ということです。
 個人的には、お風呂を面倒だと感じたことは余りないのですが、筋トレとかお祈りとか掃除とか語学学習とか、この辺はもう、紛れもなく面倒です。新幹線に乗って友達に会いに行くのも、かなり面倒です。
 こういう時、わたしが良く使うのが、上で書いている「修行だと思う」自己説得法です。
 修行だと思うと、かなり色々な「面倒」が突破できます。大抵の「面倒」は突破してみると気持ちの良いものですし、万が一「やっぱりやらなきゃ良かった」結果になったとしても、何せ修行ですから苦しくて当たり前です。
 ほとんどの場合は気持ち良い結果になる上、楽しくなくても失うものは何もない、大変有効なメソッドです。単なる自分の部屋の掃除なのに、修行というミッション性を付与してあげるだけで、俄然やる気が出てきます。
 この発想法を「修行メソッド」と名付けておきます。
 お風呂が面倒くさい人は、修行だと思って入ると良いです。ちょっと水ごりっぽいですし。

 修行メソッドの欠点は、修行だと思ってもちっとも納得できないかなり多くの地球人には無効だということです。

4533071155 今日から修行に行ってきます。
山路 南
ジェイティビィパブリッシング 2008-03-15

関連記事:
「革命家は制止を振り切ってゴミを拾え」
「やりたいこと、なすべきこと、できること」
「バカ正直こそ最も危険な反権力分子」
「掃除革命的グラフィティ・アート」

  1. この間社長に飲みに誘われたのを「思想上の理由でお酒が飲めない」と断ったので、「業務」ですら付き合ってないです・・・ []