岩波イスラーム辞典を安く買う


4000802011 岩波イスラーム辞典
大塚 和夫
岩波書店 2002-02

 やっと買いました。『岩波イスラーム辞典』。
 欲しくて欲しくて、もう何ヶ月も買おうか、来月にしようか、グルグル回った挙句、ようやくご購入です。
 イスラーム関係の辞典はいくつかありますが、書店で手にとっても、レビューをチェックしても、『岩波イスラーム辞典』こそ定番中の定番であり、本当に値打ちのある本なのだ、ということはわかっていました。
 でも高い(笑)。
 『エクリ』邦訳全三巻2万超に比べればお手ごろですし、美容にかけているコストをほんの少し辛抱すれば済むことなのですが(笑)。貧乏性なので、「通読しなきゃ」とかいうよくわからない強迫観念に取り付かれそうで恐ろしいです。
 アマゾン・マーケットプレイスに安い出品があったので、やっと重い腰が上がったわけですが、これは本当に素晴らしい!
 というか、この内容でこの値段は安すぎます。ぼんやりめくっているだけでも実に楽しいです。
 一つだけ難点を言えば、アラビア語の用語もラテン文字表記されていることでしょうか。できればアラビア文字表記と併用して欲しかったです。
 ラテン文字表記だと、漢字がローマ字で書いてあるようで、直観が妨げられる感じがします。でもこの発想はかなり「漢字文化圏的」で、当のアラブ人はずっと音声中心的なのかもしれません。
 アラビア語のラテン転写やアラブ人名のラテン表記が混乱を極めている一因には、本人たち自身が、どこか「音さえ合ってれば何でもいい」的なことがあるような気がします・・・。

 ちなみに、辞典というとR・シェママの『精神分析事典』も素晴らしい「お買い得商品」で、わたしの中では『岩波イスラーム辞典』と「二大ステキ辞典」な位置づけです。両方持っている論理積な人は無意味にレアだと思いますが・・。

 全然関係ないですが、辞典の「無敵感」と雨の日の長靴はちょっと似ています。