パンダ目にならない、マスカラを滲ませない方法


 続けざまにすいませんが、先日触れた気まま絵日記さんのエントリで「マスカラやアイライナーが滲んでしまう」というよくある悩み、パンダ目問題が書いてあったので、わたしが実践しているコツをメモしておきます。
 かく言うわたしも手先が不器用で、しょっちゅうマスカラやアイラインで失敗しています。
 不器用なのは諦めるとして(諦めるのかっ)、パンダになった夕方は本当に惨めな気持ちになるので、何か方法がないものか、以前にグルグル検索したりして調べてみました。
 そうしてリサーチした候補の中で、実際に効果があったのが、

「ファンデをちゃんと塗る」

 というものでした。
 「ちゃんと」というのは、別に濃く塗るわけではなく、目の際まで丁寧に伸ばす、ということです。
 目の淵に近い部分は、塗れているつもりでも意外とキチンとカバーできていません。まぁ、あんまり塗るのも身体に良くない気がしますが、意識して目尻に塗り残しがないようにしてみると、滲み問題が大分改善しました。
 それだけなんですけれど、実際にやってみて効果があった方法なので、よかったら試してみてください。
 当然ですが、マスカラやアイライナーはウォータープルーフを使うべきです。ただこれも、逆に言えばしっかりクレンジングしないと落ちないということで、肌にはあんまりよろしくないと思うのですけれどね。
 ちなみに現在のわたしの愛用マスカラはマキアージュのコーミンググラマーです。ひたすらボリュームを出すタイプではありませんが、上品に仕上がるので気に入っています。

 週に一日は化粧をしたくないので、日曜日は引きこもりです。

“パンダ目にならない、マスカラを滲ませない方法” への 1 件のフィードバック

  1. ピンバック: 気まま絵日記

コメントは受け付けていません。