旅美人 馬油のシャンプーとトリートメント


 大久野島の国民休暇村に泊まった時旅美人の馬油のシャンプーやトリートメントがお土産コーナーで販売されていました。
 最近会社の人と傷跡ケアについて話していた時に「馬油が良いらしいよ」と聞いていたので、気になりました。

 荷物になるのでその場で買うのは見送ってしまったのですが、国民休暇村の温泉ではシャンプー・コンディショナー・トリートメントなど、馬油グッズが取り揃えてありました。
 ここぞとばかりにセコく使いまくってきたのですが(笑)、これがなかなかです。
 特に良いな、と思ったのがトリートメント。
 もう、毛先が痛みまくっていてどうしようもないのですが、翌日の指どおりが違います。
 また、こちらは馬油ではないのですが、同じ旅美人の椿油製「洗い流さないトリートメント」も使ったのですが、ほどよくしっとりして、ドライヤーをかけていても守られ感バッチリです。
 洗い流さないタイプのトリートメントとして、定番のラサーナラサーナ海草ヘアエッセンスを愛用しているのですが、次はこっちに乗り換えてみようかな、と思っています(。ちなみに、ラサーナもなかなか優秀なのですが、続けて使っていると今ひとつ効果を実感できなくなってきます。最近はお風呂上りより、朝ブラシを入れる前にワンプッシュくらいつけてみる、という使い方をしています。
 椿油というと、そのものズバリの椿油そのものを使ったこともあるのですが、これですと付け加減が結構微妙で、やりすぎると髪がペタッとしてしまってどうしようもありません。
 馬油のシャンプーとトリートメントは、お値段的にちょっと迷っています。400mlボトルと1000mlボトルがあって、単位容量価格だと1000mlが圧倒的にお買い得なのですが、それでも安くはありません。美容院で薦められる系の小洒落た化学くさいものよりは割安だと思いますが・・。

 ちなみに、馬油は「ばーゆ」と読みます。なぜか「まーゆ」だとずっと思っていました。冷静に考えると「まーゆ」なんて読み方は絶対おかしいのに、どうしてそんな覚え方をしてしまったのかさっぱりわかりません。でも、「まーゆ」という音が可愛いので、今でも心の中では「まーゆ」と発音しています(笑)。
 さらに余談ですが、馬油をはじめとする旅美人のヘアケアグッズは、よく温泉に置いてあるらしいです。旅美人のマーケティング戦略なのでしょうか。

馬油のシャンプー