トークマスター専用ブースター付きAMアンテナを購入


 初代トークマスターが復活したので、最大の欠点「受信性能の悪さ」をカバーするため、トークマスター専用ブースター付きAMループアンテナAM-500を購入しました。
ループアンテナ
 箱を開けて見た最初の印象は「デカい!」。普通のコンポについているAMループアンテナより五周りくらい大きいです。写真ではサイズ比較のため横にペンを置いてみたのですが、アンテナの大きさを実感して頂けるでしょうか。
 AM-500は単なるループアンテナではなく、ブースター付きのアンテナ。単三電池を入れて、窓際などに設置します。
 ところで、トークマスターにはAM用のアンテナ端子がありません。
 ではどうやって増幅した信号を届けるのかというと・・・

 マジックテープで貼り付けます
トークマスターとアンテナカブラー
 トークマスターⅡ RIR-500の場合、トークマスターをセットする台にアンテナカプラーを付ける部分があるらしいのですが、初代トークマスターRIR-100にはそれもありません。トークマスター本体内臓のアンテナに近い部分にくっつけるしかないのです。
 要するにAM-500は、拾った電波を増幅してカプラ部分から再発信?する仕掛けなわけです。「トークマスター専用」となっていますが、たぶん他のAMラジオでも同じように使えるのではないかと思います1
 肝心のブースターの威力ですが、格段に受信状態が向上しました。今までお話にならなかったNHKラジオ第二も、問題なく録音できます。まぁ、これだけ大仕掛けで効果がなかったら詐欺ですが・・・。
 「トークマスターRM-100、トークマスターⅡ RIR-500で使える」とのことですが、トークマスタースリムでもおそらく利用可能なのではないでしょうか。最近のトークマスターは受信性能が大分上がっているらしいので、そもそも必要ないのかもしれませんが。
 電池式で電源のON/OFFもできるようになっていますが、予約録音する使用法がメインであることを考えると、現実的にはスイッチはONのままでしょう。スペック表では「半年」もつとあったので、気にならない程度だと思います。逆に「最近録音状態が良くないけど、どうしたのかなぁ」と電池切れに気づかない可能性もありそうです。
 ケーブルも5m付属しているので、窓から遠い環境でも頑張れます。
 難点を言うとすれば、電池を入れる部分がネジ留めになっていて、コインで回して開けないといけないこと。こんなシブい仕掛けを久々に見ました。ある意味、トークマスターらしいです
 サン電子直販のほか、楽天の三省堂でも取り扱いがあります。わたしは楽天カード会員なので三省堂で購入しましたが、配送で手違いがあってちょっとイライラしたので、直販の方が良いかもしれません。

トークマスター スリム

 トークマスター復活で複雑な設定が可能になったので、当面のラジオ講座予定を以下のように再編成。

NHKラジオ第二 実践ビジネス英語
NHKラジオ第二 まいにちフランス語 応用編のみ
NHKラジオ第二 アンコールフランス語 応用編のみ
NHKラジオ第二 アラビア語講座
NHKテレビ アラビア語会話

 入門ビジネス英語がふにゃふにゃすぎてムカついてきたのでカットしました。実践ビジネス英語も、以前のビジネス英会話に比べて平易に過ぎ、テキストに連載されていた増澤史子先生のビジネス・ワード・パワーもなくなって残念です(これはなかなか難易度が高く、TOEIC900点くらいの方が利用するのにピッタリです)。
 アラビア語も半分くらい英語で勉強していますし、あとはAFNと仕事関係の英語で良しとしておきます。NHKラジオ講座は、変わらない学校っぽさが和むのですけれどね。
 フランス語は熱意もなく、単にただでさえ低いレベルがこれ以上下がらないようにするための維持目的。
 アラビア語は燃えていますが、レベル低いので初級レベルを何度でも勉強します。テレビの録音は、単にカリーマ先生のファンなので、もう一回聞きます。
 超入門レベルのテレビ講座でも、後半にあるカリーマ先生の朗読コーナーだけはハイレベルです。テキストには母音記号も振っていません。何度も書いているように、録画機器のない我が家ではテレビ講座も音だけ聞いているのですが、テレビでは朗読コーナーに日本語やアラビア語の字幕が付いているのでしょうか。そうでなければ、一般視聴者がついていけるとは思えないのですが・・。
 あの朗読がバッチリ聞き取れる日が来ることを夢見ています。あと三百年くらいかなぁ・・。

関連記事:
「2008年度NHKラジオ講座とトークマスター」
「ラジオ講座録音にサン電子トークマスター」
「AMラジオICレコーダーはお部屋の電磁波を記録する」

  1. 「保証しない」と謳われていますし、わたしも保証しませんw []