レーシックを受けました


 突然ですが、レーシックを受けました。近視矯正手術の、あのレーシックです。
 レーシックを検討されている友人からのリクエストもあったので、わたしのレーシック体験談や注意点などをまとめておきます。

 わたしは両眼とも0.02の強度近視。裸眼では字の識別がつくところまで本に近づくと、ページ全体が見渡せないくらいのド近眼です。
 普段はコンタクトのことがほとんどだったのですが、とにかく目が乾いて、年中目薬をさないといけません。夕方になると目が疲れてきて、頭痛がひどくて仕事にならないこともありました。
 メガネにしても、せっかく可愛いフレームを買っても、度の強いレンズを入れてしまうと目が小さく見えてしまって、ちっとも嬉しくありません。メガネにはお金を惜しまない主義なので、レンズも一番高い超圧縮レンズを選ぶのですが、それでも厚くて不細工です。
 また、コンタクトレンズが眼瞼下垂の一因になる、という話があって、それもコンタクトをやめたかった理由の一つです。わたしはソフト使用で、眼瞼下垂に関係あると言われるハードレンズではなかったですし、原因になるといっても極めて弱い因果関係しかないでしょうから、気にするほどのことは全然ないのですが、目力への執着が強すぎて、何気に気にしていました。
 そういうわけで、レーシックには前々から興味があったのですが、慎重になる特別な理由がありました。
 目の手術ですから誰でも気をつけるとは思うのですが、わたしは両眼とも網膜裂孔(網膜剥離の一歩手前)なのです。治療はしてあるのですが、目に圧力がかかったりする行為は避けなければなりません。一番いけない格闘技を網膜裂孔がわかってからもバリバリ続けていたので、著しく矛盾しているのですが・・。
 レーシックの手術中に目が吸引されるため網膜剥離のリスクがある、と聞いていたのですが、一方で「網膜剥離や網膜裂孔でも、キチンと治療されていれば問題ない」とも言います。いずれにせよ、普通の人以上に慎重にお医者さんを選んで、よく相談する必要がある、と思っていました。
 ところが、web上でレーシック情報を集めようとすると、余りにも余りにもジャンク情報が多くて、どれが信頼おけるのやらサッパリわかりません。「レーシック」でググるだけで気が滅入ってきます。
 こういう時は伝統的なクチコミが頼りです。レーシック体験者そのものは身近にいなかったのですが(手術直前になって、一人レーシックをやっていたと判明したのですが、それまで話題にしたことがなく全然知らなかった)何人かの関連筋から情報を辿りました。
 そこで評価の高かった二件に的を絞り、メール相談などしてみたのですが、当然ながら「診察しないと何とも言えない」というばかりです。一件は美容系で、美容業界でもあまり良い印象がなかったので「本当に?」と思ったのですが、知己を辿って得た話ではなかなかよろしい模様。もう一件は、職人気質な目医者さんで、お値段的にはトップクラス。
 美容系であること自体に偏見はないですし、むしろ接遇のしっかりしたデラックスな環境は大好きなので、安い方のこちらにとりあえず行ってみようかと思ったのですが、ネックになったのがコンタクトレンズを外す期間。
 レーシックはどこの病院でも「術前検査」というのがあって、この検査の前にソフトコンタクトレンズなら一週間から二週間、ハードの場合は二週間から一ヶ月「コンタクトをしてはいけない」期間があります。そんなに長いことコンタクトを断って行った挙句「できません」だったらガッカリです。
 その点、もう一つのお高い方には、術前検査の前にコンタクトを外さないでもOKの「適応検査」というのがあります。これは簡単な検査で、とりあえず「レーシックが可能かどうか」を判定するためのものです。眼底も見てもらいたかったので、敷居の低い適応検査をひとまず受けてみることにしました。
 術前検査は三時間くらいかかる半日仕事なのですが(実際は三時間以上かかった)、適応検査は一時間程度。わたしは散瞳(瞳孔を薬で開いて、眼底を見えやすくする)も希望したので、もう少しかかりましたが、定期健診も兼ねられて丁度良かったです。
 網膜のお陰で眼科には普通の人より縁があるのですが、それでも見たことのないような機械で検査します。眼底は安定していて問題ないとのこと。これが一番嬉しかったです。レーシックができなくても、眼底が落ち着いてくれているだけで有難いです。
 肝心のレーシックですが、当初は「無理かも」な空気でした。基本的にレーシックでは、近視の度が強ければ強いほど、削らなければならない角膜の量が増えていきます(術式によって違いはある)。あんまり削りすぎて目に穴が開いてしまってはシャレになりませんから、「最低これだけは残す」という厚さが決まっています。わたしの場合近視の度がひどすぎるので、検査担当の専門カウンセラーの方は「微妙かもしれない」と思っていたそうです。
 その場合、フェイキックIOLという目にレンズを埋め込む方法があるのですが、術式も大掛かりになって、費用も100万以上になります。普通の人にはしないとういフェイキックの説明をされていたので、余程見込みが薄かったのでしょう。
 しかし結果はセーフ。レーシック可能になった決め手は、瞳孔の大きさです。瞳孔が大きければ、それに合わせて広い面積を削らなければならず、結果として一番削る中央部分の量が増えることになります(この時、瞳の端っこの方がちゃんと削れていないと、夜間に光が滲むグレアという現象につながります)。わたしは予想より瞳孔が小さく、強度近視にもかかわらずレーシック可能、と判定されました。
 「瞳孔が小さいって目力弱いってこと!?」と内心フクザツだったのですが、まぁ良い方に取っておきます(笑)。
 この適応検査を受けたのが四月の終わり。
 土曜日に手術ができる日が限られているため、結局六月に術前検査・手術の予約を入れることになりました。費用も費用ですし、仕事もそう休める状況ではないので、これくらいの待ちができたのは丁度良かったです。

 長くなりましたので、実際の手術等は次のエントリに分けます。