大人気のドイツ人


 technobahnのバイオ燃料は地球温暖化防止には貢献しない、ノーベル賞化学者が警告より。

バイオ燃料の地球温暖化に対する効果を研究したのはオゾンホールの研究で1995年にノーベル化学賞を受賞したドイツ人大気化学者のパウル・クルッツェン博士を中心とする研究グループ。

 グッときたのは、記事の内容では全然なく、「ドイツ人大気化学者」という文字列。
 最初、「大人気のドイツの学者」というイメージが浮かびました。
 「ドイツ人・大気・化学者」と理解するのに一秒くらいかかりました。

 いいですね、大人気のドイツ人。
 オゾンホールなんかよりずっと気になります。