しそ油(えごま油)は炎症を抑えるか


 訳あって炎症がひどい状態で、少しでも炎症を抑える役に立たないかと、久しぶりにしそ油(えごま油)を買いました。みさき健康食品というところでいつも買っています。
しそ油(えごま油)
 しそ油(えごま油)はn-3系多価不飽和脂肪酸のαリノレン酸が主成分。多価不飽和脂肪酸にはn-3系とn-6系があり、n-3系はしそ油に含まれるαリノレン酸、青魚に含まれるEPAやDHAが知られています。n-6系は大豆油・コーン油に多いリノール酸が代表的です。
 n-3系とn-6系は免疫に関して相補的な働きをしている言われ、n-3系が抑制、n-6系が活性化とされています。免疫が活性化されるのは結構なのですが、バランスか崩れると過剰反応となります。アレルギー症状等には、植物油によるn-6系の過剰摂取が関与しているのでは、という説もあります。
 実際にはこんな単純な模式的関係なわけはないのですが、気持ちの問題もあるので、極力通常の植物油を取らず、しそ油をちょっとだけ摂取するようにしています。

 一般に食用油とされているものは、大半がn-6系が主成分。n-6系多価不飽和脂肪酸は加熱に強く酸化しにくい、という長所があるのですが、現代人のほとんどは、バランス的にn-6系過剰状態です。
 一方、n-6系は加熱に弱く、調理油には向きません。ドレッシングなどに使えば酸化する前に摂取できます。
 ちなみに、オリーブ油で有名なオレイン酸はn-9系単価不飽和脂肪酸で、免疫的には中立的、とされています。

 免疫の過剰反応を抑える、という意味ではステロイドに似た働きなわけですが、今回気になってもうちょっと調べてみたところ、γリノレン酸が「脱ステロイド」の有力な油脂とされているようです。
 γリノレン酸はリノール酸から体内で合成されるそうなので、活性系と思われたリノール酸の方を摂った方がいいの?と思ったのですが、リノール酸を多く摂取すると逆にγリノレン酸への変換が抑制されてしまう、とのこと。
 γリノレン酸を多く含む食品としては、月見草オイル等があります。

 当たり前ですが、これらの食品を気をつけて摂ったからといって、即ステロイドの代わりになるわけではなく、過剰摂取すれば何でも毒です。また、ステロイドについても、世間一般で一時期盛り上がっていたほど「悪」なわけではありません。ステロイドに問題があるにせよ、薬というのは何でも気をつけて使わなければ毒なわけで、「悪魔の薬ステロイド」というイメージは民間療法の戦略にすぎないでしょう。

しそ油(えごま油)しそ油(えごま油)

関連記事:
「n-3系多価不飽和脂肪酸 しそ油と亜麻仁油比較」
「しそ油を買う」
「冷凍・缶詰の魚でもEPA DHAは摂れるか」
「エゴマ油でダイエットできるか α-リノレン酸、リノール酸、オレイン酸」