iTunes MacintoshからWindowsへのデータ移行


 MacintoshとWindowsのデュアルユーザーなのですが、iBookは事実上音楽再生専用機。起動するのが面倒になって、iTunesのデータをWindowsに移行しました。
 iTunesデータの移行についてはwebに山ほど情報がありますが、「Windows Macintosh iTunes 移行」などでググると、WindowsからMacintoshへの情報は沢山あっても、MacintoshからWindowsというのはあまり見かけません。まぁ、一緒のことなのですが、Windowsを捨てる人はいてもMacintoshを去る人は少ないということなのでしょうか。

 基本的には、iTunesフォルダの下にあるiTunes Music Libray.xmlとiTunes Musicフォルダ以下を丸ごとコピーすれば大丈夫です。
 Windowsの方はデフォルトで

C:\Documents and Settings\(username)\My Documents\My Music\iTunes\iTunes Music

 にフォルダがあるはずなので、コピーして終わり。ライブラリの取り込みだか何だかしたような気もしますが、しなかったかもしれません。O型なので細かいことは覚えていません。動けばよし。
 MacintoshからWindowsにデータを持って来ている人は御存知でしょうが、このように乱暴にコピーすると「.」(ドット)から始まるMacintosh上の隠しファイルが一緒にコピーされてきてしまいます。WindowsではExplorerからは作ろうと思っても作れない形式のファイルです(作る方法はある)。
 これも鬱陶しいので、

cd “C:\Documents and Settings\(username)\My Documents\My Music\iTunes\iTunes Music”
del .* /s

 とかで強引に消しています。
 とりあえず問題ないですが、ものすごいざっくりしたやり方なので、何か起こっても責任持ちません(「それヤバイよ!」ならツッコんでくださいw)。基本的に5,6発殴ってから考える主義です。

 移行元が昔のiBookだったせいか、素晴らしく快適になりました。
 わたしは元々Macintoshユーザーで、最初に買ったマシンはCentrisでした。その後三台乗り継いだ後Windowsに移行したのですが、はっきり言ってWindowsの方がずっと使い易いです。今のMacintoshはUNIX畑の人にとっては色々遊び甲斐があるのでしょうが、Macのみユーザーだったころはあまりそういうことに興味なく、今の商売もWindows系開発がほとんどなので、何かにつけ気楽です。
 Windowsがダメなのは、とにかくデザイン。
 そういうことをあまり気にしない人もいるでしょうが、初めてWindowsに触った時は「こんなものを一日中見ていて発狂しないのか!?」と愕然としました。今でもそう思います。多分、一日中見ていてもう発狂したので、昔ほど違和感を感じなくなったのでしょう。
 ですが、その状況も変わりつつあります。Vistaです。
 Vistaについては批判する向きも多く、わたしも自宅はXPですが、現業務がVistaターゲットなので職場マシンはVistaです。
 とりあえず、見た目は素晴らしいです。
 見た目が素晴らしければ、つまり素晴らしいということです
 半透明なのとかボタンがホワーンと動くのとかは割りとどうでも良いのですが、メイリオ(フォント)が良い! やっとWindowsもMacintoshに追いついたか(見た目が)、と感慨深いです。
 フォントのためだけにVistaに移行することも検討していますが、移行するならハードごとにしたいところ。Upgradeなんて修行みたいなことは避けたいです。
 今のPCは本当に安いですが、現状のマシンに見た目以外の問題がまったくないので、さすがに迷っています。
 今年中くらいにはVista様を迎え入れたいところです。