Norton AntiVirusのccSvcHst.exe


 Norton AntiVirusの更新サービスが期限切れしたのでアップデートしたところ、起動後10分くらいしてからファンがうなるほどCPUを占有するようになりました。タスクマネジャを見るとメモリ使用量はダントツ、CPUも40%くらい使っています。
 操作自体は極端に重くなったわけではないのですが、大したこともやっていないのにファンがうるさくてたまりません。


 ccSvcHst.exeで検索したところ、ノートン360のccSvcHst.exeはCPU使用率100%になる不具合があるようですが、Norton AntiVirusではあまり情報がありません。
 余程アンインストールしようかと思ったのですが、もしかするとインストールしたてでライブラリか何かを構築しているのかな?と思い、朝起動してそのまま電源を落とさずに放置してみました。
 帰宅したところ、CPU使用率は正常化。お金を出して買ったアプリケーションをむざむざ捨てずに済みました。

 普通の人はそんな速攻外そうとは思わないかもしれませんが、ccSvcHst.exeに悩まされている方は「放置プレイ」を一度試してみてください。
 ちなみにNorton AntiVirusのバージョンは15.0.0.58です。

『Norton AntiVirus 2008』 シマンテック 『Norton AntiVirus 2008』 シマンテック