『イラクは食べる―革命と日常の風景』酒井啓子

400431125X イラクは食べる―革命と日常の風景 (岩波新書 新赤版 1125)
酒井 啓子
岩波書店 2008-04

 イラクをご専門とされる国際政治学者酒井啓子氏による、最新イラクリポート。
 「シーア派・スンナ派・クルド人」などという単純な図式でイラク情勢が切れるわけもなく、宗教・宗派ではなく単なる諸政治勢力の混沌としたパワーゲームが支配していることが示されているのですが、もう、余りにも複雑になりすぎて、簡潔にまとめられているであろう新書本であるにも関わらず、ここにざっと図式を書き出すこともできません(笑)。パラパラと読み返して、ポイントを一つ搾り出そうかと思ったのですが、それすら難しいです。「シスターニーすごい」とか、子供みたいな感想ばかりです。
 『イラクは食べる』というタイトル通り、本書の構成は「シーア派諸勢力」「スンナ派諸勢力」などについての各章の冒頭に、それぞれの地域や人々に密着した料理が紹介され、その由来やレシピが添えられています。食べ物の話は必ずしも内容と自然に連続しておらず、本論に入るとやはり一般的な政治情勢の文体が支配しています。
 それでもこうした構成を採用されたのは、「混沌とした情勢の中でも、人々は食べ、日々を生きているのだ」という生活感を、少しでも伝えたかったからでしょう。状況が込み入っていればいるほど、外部にいる人間はその分析に振り回され、Excelで組織関連図を作るような発想に嵌っていくものです。しかし、どんな組織も実体は生きた人間であって、その人間が毎日食べなければならないのは、どこでも一緒です。
 イラクに密着して仕事されている酒井氏にとっては自明なはずのこうした「地続き」感が、なかなか伝わらないもどかしさから、敢えて試みたものではないのか、と推測されます。
“『イラクは食べる―革命と日常の風景』酒井啓子”の続きを読む

『文明の接近』エマニュエル・トッド ユセフ・クルバージュ

4894346109 文明の接近―「イスラームvs西洋」の虚構
エマニュエル・トッド ユセフ・クルバージュ
藤原書店 2008-02

 『帝国以後』で知られる人口学者エマニュエル・トッドによるイスラーム世界分析。識字率、とりわけ女性の識字率と出生率の相関性を軸に、諸国家・民族を「近代化」のライン上に並べ、過激なイスラーム主義の勃興やテロリズム等が、イスラーム世界個別の問題ではなく、「移行期危機」の表れとして捕える相対化が、主旨になっています。
 「移行期危機」とは、住民の過半数が識字化された社会が見舞われる一時的な社会的混乱を指します。こうした社会とは「息子たちは読み書きできるが、父親はできない」世界であり、家庭内での権威関係から政治的権威までもが揺さぶりを受けます。トッドはイングランド革命、フランス革命、ロシア革命などをその例証として挙げます。また、こうした社会において自殺が増加し、「脱宗教化」が進むことも指摘されています。
 こうしたラディカルな模式化・解釈が問題含みであることはもちろんですし、トッド自身も万能だとは思っていないでしょう。加えて「近代化」という、「ヨーロッパ的」なるものの上で「ヨーロッパ的」なものが解体されることには、疑問の余地がないわけではありません。相対主義は、常に相対化を可能にさせる共通の普遍性を前提とします。
 いかにも扇情的なタイトルですが、原題はLe rendez-vous des civilisations、「文明の待ち合わせ」。これも見方によっては、「進んだ」ヨーロッパが「遅れた」イスラーム圏を待っていてやる、とも読めます。
 しかし、何かと「イスラーム本質主義的」な還元をされているイスラーム関連の諸問題については、こうした相対化による認識の揺さぶりが概ねポジティヴに働くのではないのか、と思われます。加えて、本書では「イスラームの性質」と捉えられている要素の多くが、イスラームそのものというよりは地域文化に由来するものであり、普遍的でも本質的でもないことが指摘されています。また、イスラームと同時に輸出された「アラブ的なもの」も、受容されることもあれば根付かないこともあります。アラブ的内婚システムはボスニアでは採用されていませんし、世界最大のイスラーム国家インドネシアは妻方居住を原則とする母系社会です1
“『文明の接近』エマニュエル・トッド ユセフ・クルバージュ”の続きを読む

  1.  師岡カリーマ・エルサムニーさんも『イスラームから考える』で、サハラ以南のアフリカの伝統である女子割礼が、あたかもイスラームの伝統であるかのように喧伝されていることを批判されています。 []

『イスラームに何がおきているか―現代世界とイスラーム復興』

4582481345 イスラームに何がおきているか―現代世界とイスラーム復興
小杉 泰
平凡社 2001-12

 初版は1996年と十年以上前ですが、9・11を受けて2001年に増補・改訂されたイスラーム復興を巡る概論集。
 お目当ては最近お気に入りなのに単著は読破してしまった保坂修司さん1だったのですが、小杉泰、鈴木董、大塚和夫、私市正年、飯塚正人、吉村慎太郎、保坂修司、酒井啓子、小松久男、佐藤考一、中村緋紗子、川島緑、内藤正典、中田考、臼杵陽と、日本のイスラーム研究の主な面々が勢ぞろいしているところもあり、なかなかお買い得です。
 増補版で追加された『「アメリカ同時多発テロ事件」への視座』二編については、確か池内恵さんが批判されていて、実際「慌てて何か言った」感じも否めません。そうした「思想」寄りのテクストより、地域研究の方が魅力的でした。
 エジプトやサウジアラビア、あるいはインドネシアといった、イスラームと言えば必ず取り上げられる地域だけでなく、中央アジアやアルジェリア・モロッコ、さらにフィリピン辺境の「少数派」イスラームについても触れられています。
 個人的に、一番興味を惹かれたのは、過激なイスラーム救国戦線(FIS)が台頭し無政府状態に近いアルジェリアと、経済状態では似た苦境にありながら比較的政情の安定している隣国モロッコを比較研究した私市正年さんの『反体制と体制のはざまで』。イスラームの「普遍的二元性」という、宗教秩序において非常に重要なポイントから分析されています2
“『イスラームに何がおきているか―現代世界とイスラーム復興』”の続きを読む

  1.  以下参照。
    「『サウジアラビア―変わりゆく石油王国』保坂修司」
    「『正体―オサマ・ビンラディンの半生と聖戦』保坂修司」
    「『乞食とイスラーム』 ストリートと貴種流離談」 []
  2. この構造は世俗化したキリスト教とか自民党でも一緒な気もしますが(笑) []

師岡カリーマ・エルサムニー『イスラームから考える』、「悪の枢軸ツアー」

4560031827 イスラームから考える
師岡 カリーマ・エルサムニー
白水社 2008-04

結局人々は、僕らのことを知らないから僕らを恐れるのさ。彼らのせいじゃない。だって僕らについては善悪二種類のニュースしか流れない。悪い方のニュースは、僕らを「武装テロ集団」と呼ぶ。そしてたまにましなニュースがある時は、僕らは「武装テロ集団の疑いがある」って扱いだ。(ディーン・オベイダッラー)

考えてみれば、ユダヤ教徒とイスラーム教徒ほど共通点の多い宗教は他にないよ。どちらも豚肉を食べないし、どちらもクリスマスを祝わないし、どちらも喉から出す摩擦音を連発する。そしてどちらも、緊急時でもないのに電話口で怒鳴る。ユダヤ教徒とイスラーム教徒で唯一違うのは、ユダヤ教徒は金を使うのが嫌いで、イスラーム教徒は使う金をもっていないということさ。(アハマド・アハマド)

 4月出版予定と聞いて、毎日のように入荷していないかとAmazonで検索をかけていた師岡・カリーマ・エルサムニーさんの新著『イスラームから考える』。
 その冒頭で紹介されるのが、上の中東系アメリカ人コメディアンによるショーツアー、その名も「悪の枢軸ツアー」の一場面です。
 ツカミがコレです。前にも書きましたが、カリーマさんの文章の熱いコブシ、特に詩を紹介する時の嬉しくて堪らない感じがとても愛おしいです。
 「思想」的には必ずしも同意するものばかりではないですし、もしカリーマさんがわたしのことを知ったら間違いなく毛嫌いされると思うのですが、そんなことは大きな問題ではありません。アラブとイスラームのことになると急にしおらしくなるので、カリーマ様の爪の垢ほども語る資格もないワタクシは、ニコニコしながらお話を聞いておきます。

 以下、気になった箇所をいくつかピックアップしておきます。
“師岡カリーマ・エルサムニー『イスラームから考える』、「悪の枢軸ツアー」”の続きを読む

ドバイにある世界地図の形のリゾート「ザ・ワールド」、前田高行『アラブの大富豪』

410610251X アラブの大富豪 (新潮新書 251)前田 高行 新潮社 2008-02

 日本でアラブやアラビア語に興味を持つのは、一つは文化的なチャンネル、イスラームやアラブの音楽、ダンス等といったものがあるでしょう(両者は一面で相容れないのですが)。
 もう一つ、石油というものがあります。
 わたしは専らイスラームからアラブに関心を持つようになり(もちろん、アラブ即イスラームでもイスラーム即アラブでもありません)、今も脳の80%くらいは神様に使っている狂人なのですが、アラビア語を学びはじめてから、学習者の一大勢力として、石油会社関係者など、ビジネスを主目的としている人たちがいる、ということに気付きました。
 サウジアラビアが世界最大の産油国であり、わが国のエネルギーが中東に大きく依存していることは、普通の日本人なら一応知ってはいるでしょう。
 しかし、「アラブ」という言葉からすぐに連想するのは、どちらかというと文化的側面、もしくはパススチナ問題や「イスラーム過激派」等ではないでしょうか。この「アラブ」のイメージは、(単によく知らないせいで)どことなく神秘がかっているか、あるいは「貧しい」「虐げられた」「闘っている」人たち、というものでしょう。
 でもアラブ、お金持ちです。
 正確には、アラブ諸国の一部、いわゆる湾岸諸国の方々は尋常ではなく大金持ちです。サウジアラビアの歴史を学ぶに連れ、石油の重さと、これに振り回されたちょっとコミカルなまでのドタバタを知るようになりましたが、前田高行さんの『アラブの大富豪』は、もう笑うしかないようなスーパーリッチたちを紹介した本。
 正直、個人的な関心の中心ではないですし、サウジアラビアの歴史概略などは聞き飽きた話でもあったのですが、むしろこういう話題の方が一般の方には面白く読めるのではないかと思います。小難しいことより、とにかくスケールが滅茶苦茶で笑えます。

 本書の中で、アラブ首長国連邦の一つドバイにある「世界地図の形のリゾート」というのが登場します。「ザ・ワールド」というのがそれなのですが、Google Mapsではここになります。
 撮影時期のせいなのか、角度のせいなのか、今ひとつ世界地図っぽくないです。
 こちらの画像だと、モロ「世界地図」です。
ザ・ワールド
“ドバイにある世界地図の形のリゾート「ザ・ワールド」、前田高行『アラブの大富豪』”の続きを読む

行きと帰りで違う道を通ること、奴隷とゆとりファシズム

4004301548 イスラームの日常世界 (岩波新書)
片倉 もとこ
岩波書店 1991-01

 「『イスラームの世界観』 「第三のアイデンティティ」の幻想と現実性」で触れた片倉もとこさんによる『イスラームの日常世界』。
 おそらくは、「第三極」的幻想をイスラームに仮託し、「寛大」やら「多様性」を無闇に称揚するリベラルたちに人気のあった論調で、つまり個人的には気に食わないわけですが(笑)、「思想」としてはともかく、地に足がついたエピソードは純粋に読み物として楽しいので、気軽に寝転がって読むことができます。
 ちょっと気になるのは、「行きと帰りで違う道を通ること」。

 かれらがしばしば引き合いに出すハディースに、「一ヵ所、じっとしていてはいけない。なるべくさまざまなことをした方がよい」というものがある。一人の男がムハンマドのところへやってきて、「わたくしは、よきムスリムでありたいと、日夜、礼拝にあけくれています」と言った。するとムハンマドは、わたしは「礼拝もするし、断食もするけれど、家族と団らんのときをもち、友人を訪ねてあるくこともする。人生はいろいろなことをするのがよいのです」と言ったという。
 ムスリムの義務の一つである礼拝についても、「礼拝には、できるだけいろいろなモスクへ行きたまえ。いつも同じ人たちとではなく、ちがった人たちといっしょに神の前にひざまずくがよい」とある。
 「モスクに行った帰り道は、行きに通った道ではない道を通って帰ってくるのがよい」ともいう。同じ道を行ったり来たりするというような行動を、よしとしないのである。

 「行きと帰りで違う道を通る」。
 そんな余裕ないよ!という方が大勢でしょうし、わたしも大抵は同じ道で帰るのですが、同じ道を行ったり来たりしていると、段々と生活の全体が鬱屈とし、「やらされている」感が積もっていきます。自分自身がそういう暗黒な思考にハマりやすい性なので、余計に「同じ道を通る」危険を感じます。
 わたしたちは、結構色々なことができます。
 何でもできるわけではありませんが、無理だと思っていることも、やってみると意外とアッサリできてしまうことがあります。
 できたから何だというものでもなく、やりたくなければやらないでも構わないのですが、そういう「やってみれば意外と簡単」を経験することの効能は、「いつもの道」に戻ってきたとき、「やらされている」感が減って気が楽になることにあります。
 自身のかなり無茶苦茶な人生を振り返っても、人間、やろうと思えば何でもできてしまうものだと思いますし、そう簡単には死なないものです。それでも、職場と往復するだけの生活が続くと、不幸感ばかり増してきて、出口のないすり鉢の底にいるような気持ちになってきます。
 そういう時に、ただ「行きと帰りで違う道を通る」という簡単なことを実践してみると、少しだけ目が覚めた気持ちになります。
 ここで重要なのは、ハッとすることで「自由」な感じを得たとしても、実際にやっていることは一つしかない、ということです。
“行きと帰りで違う道を通ること、奴隷とゆとりファシズム”の続きを読む

『サウジアラビア―変わりゆく石油王国』保坂修司

4004309646 サウジアラビア―変わりゆく石油王国 岩波新書
保坂 修司
岩波書店 2005-08

 『乞食とイスラーム』『正体―オサマ・ビンラディンの半生と聖戦』に続き、保坂修司さんの著書。
 サウジアラビアという国の社会構造、その問題点と変化がわかりやすくまとめられています。
 サウジアラビアの成り立ち、ワッハーブ運動については以前ご紹介した『サウジアラビア現代史』もオススメですが、本書の主眼は通時的視点というより、共時的・構造的な分析。
“『サウジアラビア―変わりゆく石油王国』保坂修司”の続きを読む

『正体―オサマ・ビンラディンの半生と聖戦』保坂修司

4022597917 正体―オサマ・ビンラディンの半生と聖戦 (朝日選書)
保坂 修司
朝日新聞社 2001-12

 「なぜ今ウサーマ本?」かと言えば、先日紹介した『乞食とイスラーム』の保坂修司さんの著書だからです。
 普通に読んでも『乞食とイスラーム』は面白いですが、保坂修司さんの文章からは、通り一遍のインテリではない頭の良さが感じられます。乞食という着眼点だけでもグッと来ますが、相当辛辣なことを書かれていても嫌味にならないのは、優れたユーモアの持ち主だからでしょう
 見た目と直観ですべてを判断する狩猟民なので、気になる著者がいるときは画像検索で写真を探してから判断するのですが、どことなくお茶目な印象。トークも面白いに違いありません。
 ちなみに、本書あとがきで触れられている、9・11以前から「オサママニア」として運営していたという保坂さんのサイトは、多分こちらです。「保坂修司」等で検索してもまずひっかかりません。「日本の中東」の最高なセンス、渋すぎる「サウード家メンバー検索」、「趣味はご朱印集め」、間違いなく保坂修司さんはわたしのタイプです。わたしのタイプの人は、大抵地球社会で冷遇されているので、こんなに面白いとちょっと心配になります。

 『正体―オサマ・ビンラディンの半生と聖戦』のこんな一節にも、わたし好みの知性を感じます。

周縁に位置するものが、中心を志向すれば、しばしば過剰なまでの「中心性」を身にまとわなければならない。本物以上に本物らしくないと本物とは認められないということである。

 これはウサーマの「周縁性」に触れた箇所ですが、彼は大富豪ではあるものの、父の代にイエメンの寒村から出てきて一代で財を成したもので、サウジを支配する王族の血を分けたものでも、マッカ・マディーナを擁するヒジャーズ地方の「都会人」でもありません。さらに母親は外国人とも奴隷とも噂され、一族の中でも浮いた存在だったようです。
 アラブ人男性としては「シャイ」な子だったというウサーマ。実際、彼がビデオ映像で語る様は、アラブ人によるプロパガンダの多くが手振り身振りを交えた激しいものなのに対し、物静かで淡々としています。純朴そうな青年が世紀の怪物へと変貌していく様子、そしてムジャーヒディーンを巡る「大人の事情」な物語を読み進めるに連れ、無性に悲しく、やり切れない気持ちになってきました。
“『正体―オサマ・ビンラディンの半生と聖戦』保坂修司”の続きを読む

『乞食とイスラーム』 ストリートと貴種流離談

4480041796 乞食とイスラーム (ちくまプリマーブックス)
保坂 修司
筑摩書房 1994-04

 乞食という観点からイスラームを考える、ユニークな一冊。
 本書が含まれる「ちくまプリマーブックス」はジュニア向けの選書らしく、難しい漢字にはルビが振ってあったりするのですが、内容的にはまったく「お子様向け」ではありません。面白すぎます。
 イスラーム的な「乞食」とは、寸借詐欺から押し売り、偽説教師や大道芸人まで含まれる幅広いもので、「アウトローでストリートな人々」だと考えた方が適切です。「乞食を切り口にしたイスラーム論」というより、「イスラームを切り口にしたストリート論」として読むと、さらに楽しめます。ジョークも交えた躍動感溢れる文体も魅力。
 ちなみに、本書執筆中クウェート大使館勤務であった筆者は、湾岸危機の煽りを食ってバクダードに「ゲスト」として連行されたそうです。解放され自室に戻ってみると、家財と共に集めた資料は完全に散逸。その後サウジアラビア勤務を経て完成させた、とのこと。
 豊かな湾岸諸国にも乞食が多いこと、組織的「乞食ビジネス」の秘密、女性の乞食が多いわけ、ストリートで働く子供たち、など、現代的話題も面白いのですが、ここでは、特に興味を惹かれたイスラーム的「乞食」における祖先伝説と「貴種流離談」についてメモしておきます。
“『乞食とイスラーム』 ストリートと貴種流離談”の続きを読む

『イスラームの世界観』 「第三のアイデンティティ」の幻想と現実性

『イスラームの世界観』 イスラームの世界観―「移動文化」を考える (岩波現代文庫 社会 161)
片倉 もとこ
岩波書店 2008-02-15

 イスラームを、その始原における都市的・交易的性質から、「移動」という概念と結びつけて語る論は少なくありません。わたし自身ですら書いています。1
 ただ、自分で取り上げておいて何ですが、現代思想的な文脈での「移動」(微分・差延・・)語りにイージーにイスラームを引き合いに出す話には、いささか食傷しています。知れば知るほど「イスラーム的」なるものは模糊とし、わたしたちの馴染んだ意味での「思想」的文脈には安易に引き付けられない、と感じているからです。2
 本書を手に取ったのは、長年のフィールドワークから得られた具体的エピソードが中心に据えられ、「現代思想」的ではない匂いがしたからです。実際、片倉さんの語られる事例は表情に富み、読み物としてだけでも相当楽しめました。

 特に興味深かったのは、カナダ・バンクーバーに多く済むエジプト出身ムスリムたちにおける異文化対応と「トランスナショナリズム」。
 一口にカナダに移住したエジプト人と言っても、そのアイデンティティの形は様々です。筆者はこれらを、三つのタイプへと仮に分類します。①西洋・カナダ文化主義的「同化型」、②エジプト主義的「固有文化型」、そして③イスラーム普遍主義的な「トランスナショナル型」です。
 実はこの論がわたしを惹き付けたのは、ある別の問題系への連想が強く働いたから、というのが一つあるのですが、その問題についてはここで語るつもりはありません。多くの様々な問題系に応用のきくフレームですので、カナダのエジプト人に一例となって頂き、概説の後、わたしなりの展開を試みます。
“『イスラームの世界観』 「第三のアイデンティティ」の幻想と現実性”の続きを読む

  1.  以下参照。
    「都市生活者は唯一神と移動する」
    「イスラーム」は砂の思想なのか」
    「webは「砂の文明」である」 []
  2.  以下参照。
    「『書物の運命』、駱駝と針の眼」 []