外山恒一、選挙と虹彩、千年都知事

 このブログについてはほぼ更新停止していたわけですが、久しぶりに外山恒一さんとその界隈の方たちと楽しくお話させて頂く機会があり、ちょっと今思いついていることだけメモしておきます。

 選挙は虹彩に似ています。カメラの絞りです。
 ラカンがまなざしについて語っている文脈で、目は光を受けるが、その光をすべて受けてしまえば目が焼かれる、というような話をしています。つまり、目の機能とは光を受けることではあるのですが、一方でその光を制限することで初めて機能する、ということです。制限しているのが虹彩です。
 わたしたちは選挙こそが正しい政治参加の方法であり、一般市民にとってのほぼ唯一の方法だと思い込んでいます。そんな思い込みは人類の長い歴史の中でも、あるいは近現代史の中でも極めて特殊な状況にすぎないのですが、ともかく現代日本ではそうした通年が一般化しています。
 そして投票に行くことが「政治参加」として称揚され、(「年端もいかない者」を除く)すべての人の意見を聞きましたよ、という体で国家が運営されているわけです。
 「唯一の政治参加経路」として選挙が提供され、それをもって「あなたの意見はもう聞きましたよ、チャンスは与えましたから棄権するのも自己責任ね」で話を終わらされているのです。選挙がある以上、そこで訴えなかったり投票にいかないのは自ら政治参加を拒んでいるだけですよ、ということです。翻せば、選挙以外の政治参加の方法というのは厳しく制限されています。厳密にはゼロではありませんが、極めて多くの「政治参加」手段(例えば内戦とか!)が事実上非合法化されています。そして何が「正しい政治参加」で何が「間違った政治参加」なのか、その線引は別に選挙で決められたわけではありません。
 ここで言いたいのは、政治参加の手段自体を選挙で決めよ、「民主的手段」で決定せよ、とかいう話ではありません。そんなものは無限背進に陥るだけで、他者の他者がないように、選挙の選挙などというものはありません。
 外部は端的に外部であり、「ない」ものとして機能しています。「ない」ものがその内側へとエネルギーを備給しています。それは「内部」からは広義の暴力として見出される、制御しがたい不合理、予期しがたい無秩序な力動です。
 選挙が虹彩であるというのは、そうした余りある目を焼く太陽の如き力を制限しているからです。制限することによって、内部の政治は機能しています。選挙は「人々の声」を聞くのではなく「ちょっとしか聞かない」ための装置です。しかし一方、この外部の力動がなければ、そもそも目はものを映すことができません。「この」政治システムを作っている力自体は、システムの外部からやってきています。
 そうした虹彩の機能は別に選挙でなければ担えないものではなく、実際、人類の歴史のほとんどすべての時と場所において、選挙以外の方法によって光が絞られてきています。そして繰り返しますが、選挙というこの手段、この目眩ましが選ばれているのは、選挙によってではありません。光があるところに目ができたのです。もっと言えば、わたしたちは見る以前に見られています。そういう光点のようなもの、直視できないものを発見し、慌てて目を細めているのです。

 政治は、最初から最後まで少数の限られた人びとのものでしかありません。人類の歴史を通じてそうでしたし、今も変わりありません。
 ただ特殊近代的な世界において、選挙制度というものが、そうした暴力に対する目眩ましとなり、覆い隠しています。そして一層狡猾なことに、わたしたちの国は義務投票制ではありません。「君が選挙に行くか行かないかは君の自由だ、でも選挙に行くことは民主主義にとって大切なことだよ? 君たちが明日の日本を担っていくんだよ?」というポストモダンな支配によって、わたしたちには無言の責務が回付されています。本当のところ、少なからぬ人びとにはチャンスも能力も可能性も何もなく、従って責任などあるわけもないのですが、その分は既に源泉徴収されて済んだことにされてしまっています。
 だからといって、ナイーヴに「暴力革命によって現政権を転覆せよ」というのでもありません。正確に言えば、「暴力革命によって現政権を転覆せよ」と「言う」のは意味のあることです。そういう煽りで問題意識を選別し、「良い友だち」を作るきっかけにはなるからです。
 ただわたし個人としては(そして少なからぬ人びとにとっても実質上)、別段政権をとっているのが「今のあの人」であろうが「他のあの人」であろうがどうでもいいことです。現状が維持されようが、ささやかな改革が実行されようが、革命軍が奪取しようが、変わらず限られた者が限られた政治をするだけで、世の中は良くもならないし、見渡すかぎりクソクソクソでしょう。
 余談ですが、「良い世の中」がどこにあるのか、というのにはいくらかヴァリアントがあります。「昔は良かった、今はダメだ」というのもあれば「昔はひどかった、世の中だんだん進歩している」というのもあります。歴史的に眺めれば、おそらく前者が圧倒的に支配的で、神代の理想郷とか正統カリフ時代とかいった物語があり、近代に入り後者のタイプ、進歩史観的なものが広まり、ここしばらくのトレンドで前者がまた盛り返している、といった流れでしょう。実際上は、今も昔も未来も見渡す限りクソです。ただそう言っては何の希望もないので、時空間上のどこかに少しはマシな世界を想定するのです。
 ですから実は、クソのまま何も変わらない選挙という方法を取るのは、なだめすかしの一手段としてそれほど悪くはありません。現代日本に限って言えば、そこそこ人民を騙せていて、最悪よりは少しマシな夢を見させることに成功しています。ただ、それがなだめすかしに過ぎないことが不可視化されている世界を、つまらないと思うだけです。
 いっそこれが貴族制、王政であれば、そうしたメカニズムはあからさまになります。正確に言えば、あからさまとは言っても、それなりには夢を見させ、嘘を信じさせるだけの力はあります。選挙よりもむしろ強力なファンタジーがあったかもしれません。というのも、民主制に比べれば王族支配のような世界は歴史的に圧倒的に長く見られるもので、低コスト(低暴力)で夢を見させる力がなければ、そんな体制を維持することは不可能だからです。ただそれは識字率が極めて低く、情報の見通しの非常に悪い世界でのお話ですから、現代において同じことが成り立つわけではありません。逆説的に、現代の貴族制であれば、この欺瞞を白日のもとに晒し、楽しく戯画化する機能を果たせるでしょうが。
 ついでにもう一つ余談を挟めば、この「情報の見通し」というのも、現代における強大な目眩ましです。メディアの発達やインターネットの普及により、わたしたちは「見通しの良い世界」に暮らすようになったと思いがちですし、実際、フラットになった側面も多々あるでしょう。しかしそれは翻せば、そのフラットな土俵に乗っていないものはないものと見なされる、ということです。グーグルの検索結果の表示されないものは存在しないものとなる世界です。世界の非常に多くのものは、メディアにもネットにも見つけられないのです。そういうものは変わらず見えないままなのですが、「情報の見通し」というファンタジーによって、見えないということが見えなくなっています。

 この嘘が終わっても、また次の嘘が来るだけです。嘘の向こうに真実があるわけでもありません。見渡す限りクソクソクソです。
 正確には、見渡す前の一瞬、頭が働く一歩手前、物事に名前をつけてしまう以前の論理的時間にだけ、尊いものは何かあります。それはある種の失敗です。世代間格差から老人を憎む人が、倒れたお年寄りをとっさに支えてしまう、そうした一瞬です。その瞬間はすぐに失われます。わたしたちがやり損じた時、この世で唯一価値のある何かが微かに指先をかすめます。
 ですからわたしは、世の中変えようとか言い出すつもりはありません。むしろ小池百合子が永世都知事にでもなって、サイボーグ化して千年支配でもすれば、おもしろいと思っています。
 単に、多くの人びとがこんなつまらない物語で踊っているのがおもしろくないだけです。わたしはもっとおもしろい話がしたいし、世の中そのものがおもしろくならない以上、おもしろい人と友達になりたいということです。
 そういう意味で、「政治信条より友達を大事にする」というファシスト外山は正しいし、多数派を変える気などさらさらなく、かつ「多数派に訴えよう」という若い時期をもおそらく経験し、余りある酸いも甘いも味わいつくしてなお(臆面もなく!)ニコニコしているこの男には、よくわけのわからない魅力があるのです。
 わたし個人としては、外山氏の主張の一から十まで肯定しているわけではありません。半分くらいは否定的かもしれません。そもそもそんなに知りません。なんだったら、一から十まで間違っていても構いません。何からなにまで間違っているけれど、致命的に正しいものというのが、時々あります。そういうものは、近づくとなくなってしまったりするもので、特にわたしのような業の深い小賢しい人間は、そばに寄った花を(わたしにとって)すべて枯らす呪いを受けています。ですから、ほどほどの距離から眺めています。
 次の都知事選がいつになるのかわかりませんが、その折には再度選挙棄権を訴え、できればついでに小池百合子千年都知事を推して頂きたいです。外山氏の気が向かないなら、個人的に千年都知事を推すかもしれません。
 もう選挙は沢山だ、百合子に千年やって欲しい!
 奇しくもサヨクに厚化粧とか揶揄されていましたし、一メートルくらいの装甲をまとって十世紀帝都に君臨してもらったらいいじゃないですか。
 わたしは西新宿で行き倒れます。

それでも暴力は結構希望、しかし希望のすべてではない

 「差別、仲良し、喧嘩上等」で、ポジティヴなんだかネガティヴなんだかよくわからないことを書きましたが、「敢えて短い目で見る」ことについて、少しだけ補足しておきます。
“それでも暴力は結構希望、しかし希望のすべてではない”の続きを読む

チベット・中国・オリンピックは、胡散臭さの三題噺

 チベットと中国とオリンピックについて、何か書いても至極下世話で神様ウケ1しないなぁ、と思って傍観していたのですが、CrowClawさんがブックマーク「痛いニュース:アグネス・チャン、聖火リレー妨害について「政治的なことは持ち込んでほしくない」」に対し、

アグネスもちゃねらーも解ってないな。スポーツと政治は対立概念じゃないし、五輪はスポーツそのものの政治化でありナショナリズムへの隷属化。五輪を開催すること自体が完全に政治的な行為なんだよ。

 とツッコんでいるのを見て、驚きのあまりパニクってポストします2
“チベット・中国・オリンピックは、胡散臭さの三題噺”の続きを読む

  1. ish用語で「人間どものことはどうでもいいが、神様に祝福されっぽい」の意。神様ウケするとポワンポワーンとなってコメカミのLEDが光るのですぐわかる []
  2. 念のためですが、こんなその辺のマセた中学生にも自明なことを今更他人にツッコまれている人間が地上に存在した、という驚きです< 追記:CrowClawさんが「マセた中学生」という意味ではありませんw []

『フランコ スペイン現代史の迷路』 色摩力夫

『フランコ スペイン現代史の迷路 (中公叢書)』 色摩力夫 『フランコ スペイン現代史の迷路』 色摩力夫

 先日「スペインがフランコ時代の暗部と向き合う」といったニュースを目にしたことが、きっかけでした。
 ニュースそのものの内容は見ることができなかったのですが、フランコが「歴史の暗部」とまで言われていることが意外だったのです。
 フランコは確かに「独裁者」ではありましたが、第二次世界大戦でもノラリクラリと中立を貫き、戦後三十年にわたって政権の座に留まり天寿を全うし、「後継者」まで用意した希有な人物です。政治家というのは結果がすべてなわけですし、そもそも「民主的」な政治指導者なら良い指導者というわけではありません。今更人民戦線よりの左派バイアスでもないでしょうが、「独裁者」というだけでヒステリックな反応を起こすのが無気味でした。
 とはいえ、スペイン内戦とフランコ政権について、十分な知識があるわけでもありません。
 筆者は冒頭で以下九つの「神話」を挙げ、いずれも虚偽もしくは部分的事実にすぎない、として退けるのですが、わたしの認識も「神話」と大差ないものでした。
“『フランコ スペイン現代史の迷路』 色摩力夫”の続きを読む

世代間テロ

 今でこそ世代間搾取の問題を多くの人が意識するようになりましたが、何故これが大きく取り上げられないのか、随分以前から疑問に思っていました。おそらくフリーター問題等で格差全般がクローズアップされたことで、ようやく世代間搾取が前景化されるようになったのでしょう。
 依然不思議なのは、世代間テロが(少なくとも大々的には)起こっていないことです。
 職を失い自暴自棄になった青年が、老人を無差別に殺害する。そのような事件が、何故起こらないのでしょうか。子供を無差別に殺す人はいても、老人を誰彼なく襲う、というケースはあまり耳にしません。
 別段世代間テロを称揚しようという気はないのですが、心に思い浮かべたことのある人くらいなら少なくないはずです。その一万人に一人くらいは実行に移しても不思議ではないと思うのですが、ふんぎりがつかない理由としては、
“世代間テロ”の続きを読む

共食いテラ豚丼

 「(元)登校拒否系:テラ豚丼祭りと自由への恐怖」の炎上具合が余りにも愚劣で不愉快なので、一言だけ言及しておきます。
 わたしは左翼が大嫌いです。ですから、彼の論にも全面的にouiと言うものではありません。
 テラ豚丼を作った「犯人」にはもちろん、罪があります。豚肉を食べたことです
 ですから、裁かれなければなりません。
 しかし屠殺するなら、ここに群がっているどもが先だ!

 戦闘者ファッショ同胞よ! まず奴隷どもから皆殺しにしろ! 目印はBMIだ!

食のエロティシズム、酸っぱい葡萄とポジティヴ摂食障害

 sho_taさんが「一緒に食事」のエロさと強さで、「食事を共にすること」のエロティシズムについて書かれています。
 そこでは、一緒に食事することの機能が、内田樹『村上春樹にご用心』を援用しつつ、おおよそ以下のように整理されています。

①本来分割できないものを分け合う「儀礼的な意味」。
 「ビールを注ぎ合う」「神前結婚での御神酒」「ヤクザの兄弟杯」「タバコの回し喫み」「同じ釜の飯」など。

②同じものを血肉にする「生理的な意味」。
 物理的に食生活を同じくすることで、体質等の生理的性質が近似してくる、ということ。

③食の作法を同期させる「身体技法的な意味」。
 同じ作法(箸かナイフ・フォークか)、リズム、マナー等で食べることにより、コレオグラフィを同期させる、ということ。

 ここで合気だの言い出す内田樹の論調にはゲッソリしてしまうのですが、食がこうしたエロティックな働きを負っていることは、少なくともわたしにとっては明々白々としていて、sho_taさんが驚いていたことにちょっと驚きました1。どこをどう考えても、セックスに準ずる行為です。
 ただ、そうしたことを意識化していることが「良い」ことなのかどうかは、別問題です。わたしの食に対する考え方や生理行動は壊れまくっていますし、一方sho_taさんは早食いではありますが(一緒に食事をしたことがないので見たことはない)、大変オトナな好人物です。
 精神分析について、症状の「意味」を知ることにより解消を図る、といった古典的誤解があります。精神分析そのものが過去の遺物のように捉えられている現代では、逆にそうした誤解を信じている人ももういないように思われますが、「意味」など知ったところで病気が治るわけがないのは、わたしの存在が証明しています(笑)。

 話が飛ぶようですが、イソップの「酸っぱい葡萄」について面白い話があります。高いところにある葡萄を食べられなかった狐が「どうせ酸っぱい葡萄だ」と言う、あの寓話です。
 日本では「負け惜しみ」と捉えるのが一般的で、狐の態度はネガティヴなものだと解釈されるでしょう。わたしもそう思っていました。
 ところがフランスでは、狐の態度はむしろポジティヴなものだと考えられているらしいのです。狐の態度は合理化による防衛の典型ですが、「どうせダメなら、気持ちを切り替えて前向きに考える」と解釈されるらしいです。
 小耳に挟んだ話なので、ことの真偽は定かではないのですが、食のエロティックな意味と、「知」と症候の関係を考えるとき、良いヒントになってくれる要素があります。

“食のエロティシズム、酸っぱい葡萄とポジティヴ摂食障害”の続きを読む

  1. ちなみにわたしは「超インテリ」ではないし、「セクシーお姉さん」とか認識して貰える方が100倍嬉しいです。哲学よりラカンよりスキンケアの方が一億倍重要です。仕事と比べると一兆倍くらいかな。 []

サイボーグ・ファシズムと創造論

 サイボーグ・ファシズムについて、大分以前に「サイボーグ・ファシズムの対極は信仰か?人間は神の創造したものだから」というコメントを拝見しました。こうした立場からすると、一神教寄りのわたしの言説とサイボーグ・ファシズムは齟齬を来しているのではないか、という疑問が生じることではないかと思います。
 別段安い「一貫性」に拘泥するつもりはないのですが1、サイボーグ・ファシズムが信仰とどう関係するのか、現時点での考えをメモしておきたいと思います。
 なお、件のコメント者に対して反論や批判を試みよう、という意図ではありません。むしろ、こうした切り出し方ができる慧眼に敬意を表し、わたしなりの展開で返答しよう、というものです。

“サイボーグ・ファシズムと創造論”の続きを読む

  1.  こうして「とんでもない」ことを書いていると(書いているにも関わらず)、たまに「論理の内的破綻を指摘して批判する」という思い切り王道な「批判」に出会うことがありますが、破綻させようとして破綻させているものを「破綻している」と指摘するのは、「正しく誤読」されているのか、それとも狙ってやっているのか、判断に迷います。迷わせている限りで、転移的残余が生じるという点で、彼または彼女は「成功」しているわけですが(笑)。
     念のためですが、わたしは「内的一貫性」など微塵も重んじていません。むしろそうした肛門的吝嗇を徹底的に破壊しようとしています。書かれていないことだけが重要です。何かが常に書かれないのです。書かれなかったものへ飛翔するためには、書いて、書ききって(断言して)しまわなければなりません。
     そして書ききれなかったことに戻り「いや、わたしの言いたいことは・・」と背進するのではなく、次の断言へ進むのです。余白=周縁へと欲望を投げることが、わたしたちの義務なのであり、「義務」の肛門性を超越する唯一の方法なのですから。
     「一貫性」フェチで「わたしは生きているのか、死んでいるのか」という問いで防衛するケチなマザコン坊やどもに、残らずキンケリ入れるのが、わたしたちの仕事です。 []

『ムスリム・ニッポン』東京モスクと亜細亜主義

『ムスリム・ニッポン』 田澤拓也 『ムスリム・ニッポン』 田澤拓也

 危険なまでの面白さです。
 「イスラーム」「亜細亜主義右派革命勢力」という、わたしのために選ばれたような素材であるから、というだけでなく、ジャーナリストらしい実に読ませる文章です。いずれか一つ、あるいは「イスラームと日本」ということにだけ興味のある方でも、必ず面白く読める、とお約束できます。
 イスラームと亜細亜主義と言えば大川周明で、当然ながら本書でも紙数が割かれているのですが、王道すぎて初見のエピソードもほとんどなかったため、むしろ無知だった東京モスク設立の経緯が特に印象に残りました。

“『ムスリム・ニッポン』東京モスクと亜細亜主義”の続きを読む