眠る虫

眠る虫

 虫が睡眠をとるものなのか、正確なところは知らない。
 睡眠の定義や「効率的な睡眠」を語る者たちは実に醜い。醜いということは、滅ぼさなければならないということだ。
 眠っているのかどうか知りたければ、本人に聞いてみればよい。
 「ねぇ、寝てるの?」
 君は答えない。
 夜は大抵、何も答えない。
 夜とはただ問うことであり、現実的なものの介入なしに、終わりを見ないもののことだ。一瞬気を失い、気がつくと朝になっている。

 「ねぇ、寝てるの?」
 君は答えない。
 つまり、これがわたしの欲望なのだ。

裸の大将とモーリタニア

溶けていく

 面白いボケ方をしたので貼ってみる。
 溶けていくように半分ボケている。
 脳の中身も半分ボケている。
 全部ボケられるように、一所懸命勉強したい。

 バカになるのは、賢くなるのよりずっと難しく、ずっと素晴らしい。
 沢山勉強して、断食したり行を積まなければ、ちゃんと裸の大将になれない。
 でも、最近結構脳みそ溶けてきた。あと十年くらいあれば、虫かごかけて旅に出られるんじゃないかと思う。リビアあたりに。

 全然関係ないけれど、この時一緒にいた人が、結構なインテリなのにモーリタニアの場所を知らなくてびっくりした。モーリタニアは西アフリカの、モロッコの南側の国です。正確には「西サハラ(サハラ・アラブ民主共和国)」という国が間にあるけれど、モロッコが実効支配していて、現時点では日本は承認していません。
 スーパーの海産物コーナーで「モーリタニア産」のイカやタコが結構あるので、ご家庭の主婦なら聞いたことがあるはず。

 裸の大将は、きっとモーリタニアの場所ならすぐ地図で示せると思う。
 でも分数の掛け算とか名刺の渡し方とか職場での正しいお菓子の分配法とか、そういうのは出来ないに違いない。