ティシュー・セービング・レーシックに決まる

 というわけで、適応検査ではレーシック可能と診断されたのですが、最終的にはコンタクトを使用中止して術前検査を受けなければなりません。適応検査でOKだったのが術前検査でNGというケースは滅多にない、とのことですが、ゼロとは言い切れないので油断?は禁物です。コンタクトを中断する期間をなるべく短くしたかったので、仮予約した手術日の一週間前に術前検査を受けました。ここでレーシックの種類が決まります。
“ティシュー・セービング・レーシックに決まる”の続きを読む

若者の乳離れ

 若者の乳離れに歯止めがかからない――2007年の国内哺乳瓶販売は前年比6.7%減と3年連続で減少し、1982年以来、25年ぶりの低水準に沈んだ。メーカー各社は新興市場の伸びを支えに好業績を記録してきたが、国内市場では販売戦略の練り直しを迫られている。
 哺乳瓶販売はピークだったバブル期の1990年(777万本)から約240万本減った。売れなくなったのは哺乳瓶ばかりではない。
 日本乳母協会連合会(日乳連)によると、登録乳母(母乳量660cc超)の2007年の契約人数は前年比7.6%減の343万3829人。4年連続で減少し、1972年以来、35年ぶりの低水準。軽乳母(母乳量660cc以下)も5.1%減の191万9816人と4年ぶりのマイナスだった。
 低迷の背景について、日乳連は、赤ちゃんの嗜好多様化▽賃金の伸び悩み▽出産年齢の高齢化▽ガソリン価格の高騰――と分析している。とりわけ深刻なのは若者の乳離れだ。若い世代は母乳よりも離乳食やげんこつ煎餅への出費を優先する傾向が続いている。
 社会学者の宮田信二氏は「昔は長くおっぱいを吸っていることが赤ちゃんのステータスだった。『乳も吸えないようでは結婚もできない』という価値観があった。今は交通網も発達し、趣味も多様化している。地方はともかく、都市部では母乳を吸う必然性がなくなっているのではないか」とコメントする。

兎と毒ガスの島 大久野島 うさぎ島篇

 大久野島(おおくのしま)の廃墟に続いて、うさぎ篇です。
 この島には軍事施設跡の他にもう一つ見所があります。うさぎです。
 元々は実験用に飼われていたうさぎが繁殖した、ということだと思っていたのですが、Wikipediaでは「1971年に小学校で飼育されていた8羽のウサギが放されるとたちまち繁殖して野生化」とあります。うさぎと毒ガスは全然関係ないのかもしれません(笑)。とにかく、この島には野生のうさぎがそこら中にいて、うさぎファンの間では「うさぎ島」として聖地化されているのです。
 廃墟とうさぎ。わたしのためにあるような島じゃないですか。この二点だけで、飛行機に乗って東京から遊びに行きました。
 現在島を訪れる人々の大半は、うさぎ目当てのファミリー層と年配の方。うさぎファンの女の子二人連れ、というパターンもいくらか見られます(カップルもいますが数は少ない)。廃墟がメインの男の子は、ぐっと数が少なくなります。廃墟組はほとんど日帰りらしく、島を回っている時には大きなカメラを抱えた方と何人か擦違いましたが、大久野島唯一の宿泊施設である国民休暇村にはほとんどいませんでした。もちろん、女一人で泊まっているのはわたしだけです。
 島には小さなテニスコートなどの施設がある他、釣りを楽しむこともできるので、お子様連れの方々にはもってこいです。

 大久野島は、うさぎ保護のため自動車はわたることができず、犬の連れ込みも禁止。船着場から国民休暇村までのバスが往復しているのが、島で見られる唯一の自動車です。
 このバスに乗っている間にも、道端でうさぎを目撃。船着場附近は結構数が多いです。普通にその辺にうさぎがいます。


“兎と毒ガスの島 大久野島 うさぎ島篇”の続きを読む

兎と毒ガスの島 大久野島 廃墟写真篇

 「うさぎ島」こと大久野島(おおくのしま)は、瀬戸内海に浮かぶ周囲4キロ余りの小さな島。
 1929年から大日本帝国陸軍よる化学兵器の開発が行われていたことで知られ、戦前から戦中にかけて、軍事機密保持のため地図にも掲載されなかった、という歴史があります。
 大久野島で製造されていたのは、イペリット、ルイサイトなどの毒ガス。当時の技術では製造工程での作業員の被害も守ることはできず、戦争が終わっても呼吸器系疾患などに苦しみ続ける方が多かったと言います。また、毒ガスの廃棄作業中にも、多くの被害があったそうです。もちろん、最大の「被害者」は、この毒ガスを兵器として使われた中国大陸の人々だったわけですが。
 島には当時の兵器製造施設の跡の他、日露戦争当時に設置された砲台の跡(使用はされなかった)などが残されています。

“兎と毒ガスの島 大久野島 廃墟写真篇”の続きを読む

クロネコヤマトの気密性

 クロネコヤマトの「機密文書リサイクルサービス」。

クロネコヤマト

クロネコヤマト 気密性

 水も漏らさぬ気密性とは、これいかに。

 全然関係ありませんが、「クロネコヤマトの宅急便」と「人間モーセと一神教」は似ています。

返却の祈り

いつも行くスターバックスに、よく話しかけてくれる店員さんがいる。
スターバックスの「フレンドリー」な演出は好きではないし、店員に話しかけられるのも苦手だ。
天真爛漫な人間も嫌いだ。
でもなぜか、彼女だけはほっとして、つい気をゆるしてしまう。
いかにも社交的な雰囲気ではないからかもしれない。
かといって、機械的にマニュアルに従っている風でもない。
わざとらしくはないが、何かがぎこちなく、しかしそのぎこちなさが、彼女の本性に根ざしているように見えるのだ。
兎は後ろ足が長いので、登りは速くても下り坂ではうまく走れない。階段を降りるときは実にぎこちない。そういう「自然なぎこちなさ」を感じる。
折れそうなほど細い腕で、ただその細さは病的なまでで、もしかすると摂食障害かもしれない。
可愛らしく純朴そうな容姿にも、涙ぐましく、時にグロテスクな裏面があることがしばしばなのは、大抵の人間より知っているつもりだ。
もちろん、ただ単にスリムでまだ子供なだけかもしれない。本当のことはわからない。
ただ、彼女と話す時、気が付くと心の中で神の名を唱えている。
全身の筋肉で自らを抑えつけるように、必死で祈っている。
なぜ、わたしは祈っているのか。
“返却の祈り”の続きを読む

iPodラマダーン

 iPodにカバーをつける愚かさについて

「傷がつくのがいやだ」とか言っている人で、ラバーやシリコーンのカバーをつけている人は矛盾に早く気付け。要は綺麗なまま使いたいってことだろうけど、その大変醜いカバーつけてたら綺麗なiPodが見えませんよね(・・・)シリコーンのカバーは使ったことがあるからわかるのだけど、あれは使うにつれてすごい汚くなる。iPodは綺麗なままだけど、カバーは大変汚い。外見が大変汚い。

 仰る通りです。
 で、ワタクシ、シリコーン製のiPod miniカバーを使っております(笑)。確かに汚なくなっていきます。
 何度もカバーなしにしようと思ったのですが、それでも使っている理由は、ステンレスに爪が当たる音が嫌だからです。
 正確には、本当に音がするわけではありません。ガラスを爪でキキーッってやるのをイメージすると、別段引っかいてなくても歯茎の辺りが痒くなるでしょう。もしかすると、本当にガラスを引っ掻いても、そんな音はしないのかもしれません。でも、考えるだけでのたうち回りそうになります。iPodのステンレスも、そういう音がしそうでならないのです。
 実際はしなくても、恐ろしくて手に取れなくなりそうです。
“iPodラマダーン”の続きを読む