アスタキサンチンと血液脳関門

 アスタキサンチンはカロチンの仲間で、ビタミンEの約1000倍以上の抗酸化力を持つという抗酸化物質。美白・美肌に効果があるとされる他、糖尿病の予防や眼精疲労・痴呆対策にもなる、とのこと。サケ、イクラ、カニ、エビなどに多く含まれています。
 これだけだと「またか」という感じで、単なる次の「抗酸化」商品の一つとか思えません。何かのニュースで「抗酸化」物質を多く摂っている人の方が早死にしている、というのも見たことがありますし、サプリオタクのわたしですら食傷気味です。
 一つ面白いと思ったのは、アスタキサンチンが血液脳関門を通過する、というポイントです。

 血液脳関門というのは、簡単に言えば脳に流れ込む物質をフィルタリングしてくれているゲートです。脳内ではさまざまな神経伝達物質が働いていますが、そうした物質が食品から血液を通じて脳内に直接入ってきてしまっては、食べるもの一つで情報が大乱れです。
 一時期「ギャバ含有食品」などというものが売られていました(お漬物などに多かった)。確かにギャバには鎮静作用があり、ベンゾジアゼピン系のマイナー・トランキライザなどはこの作用を利用しているものですが、ギャバそのものはいくら食べても脳には届きません。血液脳関門が弾いてしまうからです。柴漬けをドカ食いしてやたらに心が落ち着いてしまっては大変でしょう。
 そういうわけで、神経伝達物質系の含有を謳っている健康食品などは気休めでしかないと思った方が良いのですが、明白に「血液脳関門を通過する」とされているアスタキサンチンはちょっと面白いです。
 アスタキサンチンにはドーパミン神経細胞の細胞死を抑制する働きがあり、そのためパーキンソン病や痴呆症の予防効果があるとされていますが、血液脳関門を通過するというなら、あながち新手のオマジナイ物質とも言えません(ただし細胞死抑制が検証されていたとしても、即パーキンソン病予防につながるとは言えないはず)。
 また、眼精疲労に効果がある、というのもこの性質と関係しており、アスタキサンチンは網膜への血流をフィルタしている血液網膜関門も通過してしまうそうです。
 ちなみに、「糖尿病予防」の効果は、アスタキサンチンにアディポネクチンを増やす働きがあるため、とのこと。アディポネクチンは脂肪を燃焼し血糖値を抑える働きがあるとされていて、以前にエントリを立てたこともあります。

 ただ、本当に文字通り直で通過してしまうとなると、大量摂取で副作用が出ないものか、心配になります。普通の食品から摂っている分には過剰摂取はまずあり得ないでしょうが、摂取上限や副作用について明示しているものが見当たりません。
 それでも、眼については色々しんどい思いをしているので、眼によろしいとなれば気をつけて摂ってみようかな、とも思います。一般に販売されているアスタキサンチンのサプリメントはヘマトコッカスという海藻からアスタキサンチンを集めているものが主流です。海藻のアスタキサンチンが、食物連鎖の結果よく蓄積されているのが、サケ、イクラ、カニ、エビなどの「赤い」魚介類ということです。個人的には、魚介類も海藻も普段から良く食べているので、特別食生活を変えるほどのこともないかと思いますが・・。
 ちなみに、「眼に良い」ことでは一番有名なブルーベリー等のアントシアニンですが、こちらは良く知られている割に根拠薄弱で、疑似科学の疑いが強いようです。
 眼が疲れたらブルーベリーよりカニ食べとけ!ということでしょうか。

B001496Z0K 超臨界抽出アスタキサンチン 250g*60球入
井藤漢方製薬株式会社

アスタキサンチン含有サプリメント

スコヴィル値とハバネロペッパー

 最近ハバネロペッパーにハマっています。
ハバネロペッパー
 右は既に消費されたハバネロペッパーの空き瓶。
 とにかく辛いものが好きで、タバスコなんか一瓶でも耐えられるくらい耐性ができてしまったので、わざわざタイのトウガラシを買っていたりしたのですが、ハバネロペッパーを見付けてからは手軽に最凶カプサイシンを手に入れられて助かっています。
 ハバネロペッパーを10振りも使うと、カプサイシンジャンキーのわたしにとってすら、「辛い」というより「痛い」領域に入ってきます。
 ハバネロで真っ赤にした凶悪トマトスープを夕飯に食べて、胃が熱くて4時に目が覚めたことがあります。
 この困難を乗り越えて食べるのが、辛道の醍醐味です。
 辛い! 痛い! でも負けない! 胃が焼けようと、喉が腫れようと、絶対に後ろに下がらない!
 ・・・根性見せるところを完全に間違えています。

 辛さを表す基準にスコヴィル値というのがありますが、Wikipediaのスコヴィル値から代表的なものを抜書きしてみると、こんな感じ。
“スコヴィル値とハバネロペッパー”の続きを読む

しそ油(えごま油)は炎症を抑えるか

 訳あって炎症がひどい状態で、少しでも炎症を抑える役に立たないかと、久しぶりにしそ油(えごま油)を買いました。みさき健康食品というところでいつも買っています。
しそ油(えごま油)
 しそ油(えごま油)はn-3系多価不飽和脂肪酸のαリノレン酸が主成分。多価不飽和脂肪酸にはn-3系とn-6系があり、n-3系はしそ油に含まれるαリノレン酸、青魚に含まれるEPAやDHAが知られています。n-6系は大豆油・コーン油に多いリノール酸が代表的です。
 n-3系とn-6系は免疫に関して相補的な働きをしている言われ、n-3系が抑制、n-6系が活性化とされています。免疫が活性化されるのは結構なのですが、バランスか崩れると過剰反応となります。アレルギー症状等には、植物油によるn-6系の過剰摂取が関与しているのでは、という説もあります。
 実際にはこんな単純な模式的関係なわけはないのですが、気持ちの問題もあるので、極力通常の植物油を取らず、しそ油をちょっとだけ摂取するようにしています。
“しそ油(えごま油)は炎症を抑えるか”の続きを読む

バナジウム天然水で痩せる?

 随分前から欲しい欲しいと思いつつ、手が出せないでいるものがあります。バナジウム整水器です。

バナジウム整水器 V-POTバナジウム整水器 V-POT

 大分前にバナジウムのことを書いて、以来しばらく忘れていたのですが、最近になって突然また物欲が沸いてきています。
 バナジウムはミネラルの一種で、糖質の吸収を抑える働きがある、と言われています。古い記事ですが「体重の増加が有意に抑制され、脂肪組織のインシュリン受容体数が増加するなど、臓器・組織の病変を改善することが確認」とあります。
 ミネラルウォーターによってはバナジウムを多く含むものがあり(前に比較したところでは飲む酸素α700が一番含有量が多い)、食品だとパセリ、黒コショウ、マッシュルーム、貝類やエビ・カニに多いそうです。
 バナジウム整水器を使えば、自宅でバナジウム水を作れる上、残留塩素を取り除くこともできます。
 でも高いんですよねぇ。安いところでも18,000円はします。
 ランニングコストを考えると絶対お買い得だと思うのですが、つい二の足を踏んでしまいます。

“バナジウム天然水で痩せる?”の続きを読む